漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

ジャンプスクエア 2020年12月号

憂国のモリアーティ」、「カワイスギクライシス」、
ワールドトリガー」はそれぞれ別記事にしています。
 
この音とまれ! (アミュー) #97
いつもクールで、皆と距離を置いていた百谷。
でも演奏の楽しさ、皆と一緒に奏でることの素晴らしさ、
そういう事を知って百谷は変わってきましたね。
 
そして取材を受けたテレビの放送が、
来週の土曜日に決定し、部活の時間でもあったので、
皆で観ることに。
 
いつもなら百谷は遠慮するところなのですが、
百谷も一緒に観るという。
 
皆の喜び様が良いですね。
そして百谷の変化も実に良い感じだ。
 
気になるのは百谷と親の関係ですね。
今更、入学祝いを貰っても・・・という所もあるでしょうけど、
中身も見ずに捨ててしまった。
どんな家庭環境に育ったのでしょうね。
 
青の祓魔師 加藤和恵) 126話
巨大な飛行艇が不時着。
その衝撃は相当なものだったと思うが、
それでも兄弟喧嘩は止まらない。
 
燐の髪の色が戻り、
雪男は燐が人並みの力しか出せないと分かったので、
これで対等に戦えると言う。
 
まだやるのかー
冷静になれと燐は言うが、
雪男は冷静でいられた事は一度も無いと言う。
 
自分の目がこうなってからは ずっと死にたかった
何度も自殺を試した でも何をやっても無駄だった
 
結局、自分でどうにかするしかないが、
どうせ邪魔するつもりだろうから戦うと言うのだ。
 
燐は呆れていましたね。
ずっと自殺しようとしていたなんて・・・
それなのに自分は何も知らずにバカ面していたのかと。
 
「何故、頼ってくれなかったのか」と燐は言うが、
雪男も「お前だって頼らないじゃないか」と言う。
確かにその通りですね。 まさにお互い様だ。
 
似た者兄弟って事なんだろうな。
とにかく今は、全て打ち明けてスッキリしろ!
 
終わりのセラフ (原作/鏡貴也 漫画/山本ヤマト コンテ構成/降矢大輔) 九十六話
酔っぱらいの二人に絡まれ、酷い目に遭ったクルル。
彼女の実力なら、二人をひねり潰すことは造作でもないでしょうけど、
これからのことも考えて我慢した様だ。
 
しかし優一郎に見せる態度とは、
あまりに違ったのでキレそうになっていたクルル。
君月が察しなかったら、どうなっていたことやら。
 
それはともかく、ミカエラを救う方法を教えて貰う為に、
土下座して教えを請う優一郎に、
クルルはミカエラと同じ想いを感じ取った様だ。
 
だから この子に取り付いたの? 兄さん
 
そしてクルルは話し始める。
黒鬼装備の優一郎達は全勢力に追われる
追われる理由は? 敵は誰だ?
誰を助け、何に抗し、何を得るべきだ?
 
優一郎は何も知らないと言う
とにかく必死に生きてきた
分かっているのは家族を守りたいということだけ
 
それなら目的を与えるとクルルは言う。
敵が誰で、どんな計画を進めるべきか
 
この計画は八年前 世界が滅亡する ほんの少し前
一人の人間の女が私(クルル)を訪れた日から始まった
その女の名は 柊真昼といった
 
シノアは驚いたでしょうね。
全ての始まりは真昼・・・?
 
プラチナエンド (原作/大場つぐみ 漫画/小畑健) #56
神になった中海。
先代の神の記憶も入り込んできていて、
もはや人間だった頃の中海とは
違う生き物になってきていましたね。
 
でも、ベースはあくまでも人間だった時の中海。
死にたい人間は早く死ぬべきだと言う考えが根底にあるはず。
 
それから半年、その割には大きな動きがないようだ。
まさか明日や咲の想いに触れて、考えが少し変わったのか?
 
双星の陰陽師 助野嘉昭) 八十七話
6日も禍野内で行方不明になっていた須田小隊が発見された。
驚くべき事に無傷だった。
 
十二天将でさえ2日くらいが活動の限界なのに、
たいして呪力が高くない陰陽師が6日も禍野にいて、
無傷で帰還するなんてあり得ない話なのだ。
 
だから彼らを解放することは出来ず、
処分すべきと言う声もあった。
 
二十余年前起きた呪禁物忌。
人をゾンビみたいにしてしまう呪いが
島中に蔓延した事があったのだ。
そして、それに似たことが起きる事を恐れていた。
 
なかなか解放して貰えない事から、
処分されるかもしれないと、脱走を企てた須田小隊。
こうなると、処分するしかないという意見が強くなりますよね。
 
これを仕組んだ婆娑羅は、
こうなることも見越して呪いをかけたのでしょう。
 
呪いの発動条件は“死”。
彼らを処分するつもりなら、死を引き金にすれば良い。
 
さあ、終わりの始まりだ
 
参ったー!
予感はしていたけど、あまりに残酷すぎて
読んだ後は言葉をなくしたよ。
 
Thisコミュニケーション (六内円栄) 8話
正直な話、彼女達はデルウハと戦ってはいけなかった。
記憶がリセットされない時間まで、
デルウハに気付かれないように、そして死なないようにすれば、
彼女達の勝ちだったのだ。
 
まあ、彼女達がその設定を知らなければ、
戦うしかないと思うものでしょうけど。
 
とにかく知識に差がありすぎた。
デルウハは彼女達のことをよく知っていたが、
彼女達はデルウハのことを知らなさすぎた。
 
一応、デルウハを追い詰めることは出来ましたが、
彼を失って一番痛手を負うのも彼女達なのだ。
 
こんな嫌な記憶は消した方が良い。
案外、そう思って降参したのかもしれないな。