漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

週刊少年ジャンプ 2021年8号

逃げ上手の若君 松井優征 1話
足利家によって滅ぼされた北条家。
その北条家の北条時行が主人公。
 
舞台背景は鎌倉時代から室町時代に移り変わる時。
時行は滅び行く鎌倉を目にし、裏切った足利高氏を討つ為に
今は力をつけるために逃げる。
 
逃げ上手というのがポイントですよね。
それだけ生きることに執着しているわけで、
どんな時も簡単には諦めないでしょう。
 
変化球のようで実は王道。
なかなか面白そうな歴史物になりそうです。
 
Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi Z=182
石化装置を分解して分かったこと。
それはダイヤモンドがエネルギー源ということ。
 
ダイヤなら何でも良いわけではなく、
条件を揃えなくてはいけないが、
それでも石化装置を再起動させることが可能なことが分かった。
 
スタンリー戦で大きな戦力となるわけですから、
ここは絶対にダイヤモンドの生成に成功しなくてはいけない。
諦めない気持ちを持っている彼らなら、絶対に上手くいくでしょう。
 
ブラッククローバー 田畠裕基 ページ279
まあ、このまま押し切れるわけがないわな。
希望を持たせておいて、絶望に突き落とす。
いつものパターンですね。
 
破壊神マグちゃん (上木敬) 28
イズマも本当はマグちゃんの変化に
気付いているのではないだろうか。
 
でも戦う事でしか存在意義を見出せないので、
細かいことは考えずにマグちゃんに挑んでいる気がする。
 
学生生活で何か別の道を見つけられると良いね。
 
SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 8
毒で視神経をやられていたので、
シンだけでは厳しかったかもしれない。
 
しかし今のシンには頼れる味方がいる。
対象の心が読めなくても、
信頼出来る坂本の指示通りに動けば良い。
 
なかなか良い話だった。
 
あやかしトライアングル 矢吹健太朗 29
すずの中に眠る妖巫女のすず。
すぐに引っ込んでしまったが、
顕現させるには祭里の存在が重要になってくる。
 
円満な関係では出てこないので、敢えてこじらせる!
ルーやヤヨも巻き込んで、すずを妬かせるのは良い手ですね。
 
でも、こんなセコい手を使わなくてはいけないほど
落ちぶれてしまった自分に涙するシロガネは、
ちょっと切なかった。
 
アンデッドアンラック (戸塚慶文) No.048
安野雲の記憶が確かなら、彼らはオータムに負ける。
アンディと風子を失う事で。
 
否定者として理不尽な運命を背負ってしまった彼らを
こんな形で終わらせて良いわけがない。(自分も含めて)
 
そこで漫画を使って未来を伝えたのだ。
しかし自分の記憶全てをそのまま描いたら、
本来すべき成長も止まってしまう。
 
未来は変えなくてはいけない。
とにかく最優先はオータム戦。
ここだけは絶対に結末を変えなくてはいけない。
 
アンディが疑いもせずに安野雲の指示に従ったのが大きいですね。
見えない敵の凶刃から風子を守った!
これで未来は変わる。
 
BUILD KING 島袋光年 9
とにかくライセンスを手に入れなくては話が進まない。
そんなわけで二人が受験するのはビガー工法のライセンス。
 
とにかくデカいモノを造る者達なのかな。
 
灼熱のニライカナイ 田村隆平 depth:27
鮫島やオルフェウスが傍にいないという事は、
チャコを守れる者が七瀬だけという事に。
 
遺跡は陽動?
そこは何とも言えませんが、
鮫島達だって手を打っていないわけがなかった。
 
昨日の敵は今日の友。
頼むぜ、梶!
 
仄見える少年 (原作/後藤冬吾 漫画/松浦健人) 20
迂闊な事を喋られたら困るでしょうからね。
千手童子の手の者が神崎を消しに来るのは当然でしょう。
それに気付けなかったのは、ちょっと迂闊だったね。
 
どんどん敵の能力が派手になっている気がするけど、
やはり掲載位置的にヤバいからだろうか。
 
ぼくらの血盟 (かかずかず) 18【最終話】
謝らなくてはいけないのは、コウやシンだけじゃない。
一番酷い目に遭わせた(遭わされた)人に謝り、
そして、その人に許されてこそ、廻峯は全てを許されるのでしょう。
 
コウは自分の生い立ちを呪いましたが、
そもそも王の子でなければシンと出会えなかったのだ。
これからも様々な試練が襲いかかってくるでしょう。
でもきっと二人なら乗り越えられる。
 
連載お疲れ様でした!
かかずかず先生の次回作を楽しみにしています。