漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

ボールルームへようこそ (竹内友) Heat57

多々良のバイト先に峰さんが家族を連れてやって来た。
A級戦優勝を祝ってくれたのだ。
 
千夏のお陰と恐縮する多々良。
それを千夏と明も聞いていてが、明の嫌そうな顔に笑った。
 
千夏は明のお陰(挑発)で多々良と組めた訳で、
最大の功労者は私だとアピールする明。
いや、それは癪すぎますよね。
ブスい顔で首を横に振る千夏に笑った。
 
明も仙台で踊るのかと思ったが、
峰さんの奥さんにバレたのだし、出ないと言う。
もうダンスに未練は無いとも言っていましたね。
 
これからはドレス作りに集中する。
だから千夏の身体のサイズを採寸して生きていく・・・
明は清々しいくらいに自分に正直ですねぇ。
 
そしてマスターに大人っぽく見えると言われた多々良。
髪型やエプロンの着け方を変えたからと思ったが、
そういう見た目じゃないと言われ、照れる多々良。
 
そんな多々良には気になる事があった。
どうも目の見え方がおかしい。
 
目の前で糸くずがフワフワしている。
下の辺が白くて足元が危ない。
 
教室で千夏に相談すると、
「たぶんゴミでしょ 取ってあげる」と言いながら、
千夏は多々良の目を開く。
 
ダンスをやっているせいか、二人の距離が近い。
クラスメイトが「距離感がバグるのかな」と言っていましたが、
まさにそんな感じで近い、近い。
 
賀寿も一緒に居て、三人とも距離が近い。
周囲から浮いているのに気付いていないのかなー
 
賀寿は一つ気になる事を言っていましたね。
仙台には出ないかもしれないと。
「なんか まこがな・・・」と言いかけて止めましたが、
多々良も関係しているのかな。
 
レッスン後に目の不調をマリサ先生に相談していましたが、
練習に支障が出るようだと危ないですからね。
講師達も交えて話をしていると、網膜剥離という言葉が出てきた。
 
接触事故などの衝撃で剥離する事があるらしい。
多々良には思い当たる節があった。
釘宮の肘が当たっているのだ。
 
千夏も気付いたようですが、多々良が隠そうとしていたので、
何も言わなかったですね。
 
とりあえず病院に行って診察してもらいましたが、
そこで出た結果は「網膜裂孔」
剥離ほど重症ではないが、悪化すると剥離するらしい。
 
つまりすぐにでも手術して、回復させた方が良いのだ。
多々良は仙台行きにこだわっていましたが、
そんなに急ぐ必要は無いでしょう。
 
一生を棒に振る方が余程いけない事だ。
まあ、釘宮にしてみたら、罪悪感でいっぱいでしょうけど。
今は耐える時だぞ、多々良!