漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

六道の悪女たち (中村勇志) 224話

乱奈の事も気になっているでしょうけど、
今は沙知代を守ることだけ考える六道。
 
沙知代も予知で六道をサポートしようとするが、
天道は爆弾を爆発させて、沙知代を牽制する。
 
はっきりと思い知らせてやる
黙って俺についてくることが一番利口だとな
 
今回の爆発によって、屋上への道が閉ざされ、
課長や大佐は六道を助けに行けなくなった。
それどころか、大佐や課長は爆発に巻き込まれそうになったのだ。
 
自分(沙知代)のせいで皆が危険な目に?
 
そんな沙知代の迷いを察したのか、六道は天堂に挑みかかる。
だが天道は強い。
六道の攻撃を全て受け流し、逆に一発入れる。
 
これ以上続けても・・・
六道桃助が無駄に傷付くだけだぞ
裏社会に生きるお前(沙知代)のせいで
一般人のこいつらがボロボロになっていく様をよく見ておけ!!
 
自分のせいで六道や亞森の皆が傷付いている。
亞森の仲間だなんて・・・・
助けて貰おうなんて・・・・
思っちゃいけないのに!!
 
苦しみ涙ぐむ沙知代に、六道は優しく話しかける。
大丈夫だよ ちよさん
悪い女の子を助けるのは得意なんだ
 
そんな六道に天道は嘲笑う。
正確には得意にならざるを得なかった・・・だろ?
 
確かにそうだ。
しかし、だから何だと言うのだ。
 
順番なんかどっちでもいい!!
最初から強いなら そこから優しさを学べば良い!!
お金があるなら そこから誠実さを学べば良い!!
慕われているなら もっと慕われる人になれば良い!!
 
モテたなら モテる男になれば良い!!
 
そして沙知代に語りかける。
沙知代には未来を視るという凄い力がある。
皆を明るい未来に導ける人に これからなれば良い。
 
今度は天道から殴りかかってきた。
そして羨ましいと言う。
 
君の命は今 燃えているよ 六道くん
数々の危険に晒されて・・・!!
人生が充実している
生きているって感じがするよ!!
 
六道は沙知子に言われたことを思い出していた。
天道という男は心の芯からねじ曲がっている
情に訴えかけたり 話し合いで説得なんて通じる相手じゃない
 
天道は笑う
面白い!!
守りに入るのはもうやめだ!!
徹底的に戦り合おう!!
命を賭けて勝負だ!!
 
ついに天道が本気を出すようですね。
・・・今までは本気ではなかったのか・・・
こんな凄い相手に六道はどうやって勝つというのでしょうか。