漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

週刊少年ジャンプ 2021年11号

クーロンズ・ボール・パレード (原作/鎌田幹康 作画/福井あしび 1
珍しく野球漫画。
小豆田玉緒は名門野球部のセレクションを受け、試合で活躍したのに、
頭を使う人間は要らないとか何とか言われて落選。
 
でも彼が気に入った龍堂太央は、合格したにも関わらず辞退して、
玉緒と同じ高校の野球部に入る事になるようだ。
弱小野球部が面白みのない名門野球部をぶっ倒す。
そんな展開になりそうな予感。
 
そうなると、かなり王道パターンだな。
 
ブラッククローバー 田畠裕基 ページ282
さすがアスタ!
反魔法の使い手だけに、超魔力の塊である魔神は、
ひとたまりも無かった。
 
しかしホッとしている暇はないでしょう。
さあ、次だ!
 
ウイッチウオッチ 篠原健太 2
ニコの妄想の暴走ぶりとか、なかなか面白かった。
そして魔法は上手く使えるけど、副作用とか笑えて良い感じだった。
 
若干ネームが多い気もするので、読む人を選ぶ可能性はあるけど、
自分は面白いと思う。
 
それにしても魔女とか鬼とか、隠さなくて良いのだろうか・・・
まあ、助けて貰った女性は、それを誰かに言ったとしても、
信じて貰えないでしょうけどね。
 
Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi Z=185
石化装置の完成は近かったし、計画も順調。
死角はないと思ったが、想定外の出来事が待っていた。
 
優しいスイカが瀕死の敵を見捨てるわけがなかった。
でもこれでスイカが囚われた場合、計画はパーになりそう。
 
逃げ上手の若君 松井優征 4話
まずは時行に、やる気を出して貰わないと、話が進まない。
その為には頼重の事を信用して貰わないといけないでしょう。
 
彼には大勢の信者がいた。
その熱気に当てられた時行は、ようやくその気になってきたみたいですね。
ちょっと騙されたっぽいけど。
 
まあでも頼重は、人望だけはありそうな気がしないでもない。
 
アイテルシー (稲岡和佐) #3
強引なやり方をする相生は犯罪者とも言える。
だから警察は動かない。
左近以外は。
 
なんだかんだ言って、左近とのコンビは鉄板のようですね。
しかし相生のターゲットは「殺さないといけない」らしい。
その犯罪者だけは恋に落ちる事はないというのか。
 
SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 11
本気モードになるまで時間がかかりましたね。
でも、これで坂本が後れを取る事はないでしょう。
 
あとはルーか。
酔っ払っている場合じゃないと思うぞ。
 
破壊神マグちゃん (上木敬) 31
今回はデカい化け物だと思ったが、
実はそうでもなかったというオチ。
 
そしてキョーちゃんに憑いたみたいだ。
似た者同士だから、もうグ=ラも悪さしない・・・かな?
 
あやかしトライアングル 矢吹健太朗 32
なるほど画楽にとって
妖巫女(命依)はかけがえのない存在だったのだな。
 
そしてやっとすずの中に命依を感じたのでしょう。
ずっと思い続けていた訳で、その重さに祭里は負けそうだった。
いやいや、すずの気持ちが一番大事だから。
敗北感を味わっている場合じゃないぞ。
 
灼熱のニライカナイ 田村隆平 depth:30
チャコは連れ去られたものの、向かう場所は海底遺跡なのだから、
放っておいても、遭遇する事になるでしょう。
 
海機捜の者は強いと思いますが、相手が悪い気がしますね。
さすがに海神(ポセイドン)はヤバい。
 
アンデッドアンラック (戸塚慶文) No.051
ヒーローになりたくないという思いがリップにはあるみたいですね。
それはある女性との思い出に鍵があるようだ。
 
まあとにかく、リップが協調してくれるようなので、
強化されたオータムでも、恐れる事はないでしょう。
 
仄見える少年 (原作/後藤冬吾 漫画/松浦健人) 23
人形化はヤバいと思ったが、幻覚だったのか。
使い魔が良い仕事をしてくれたね。
さあ次は哀別と伊織の救出だ。
 
BUILD KING 島袋光年 12
思っていた以上に、あっさりクリア。
これはもう終了も近いかもしれない。