漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

悪役令嬢転生おじさん (上山道郎) 11話

なんやかんやで魔法模範演習に出る事になったグレイス。
まずはビーストや魔法のことを、もっとよく知る必要があると、
アンナと共に魔法学園図書館にやって来ました。
 
何しろグレイスのビースト「オリオン」については分からない事ばかり。
「水」と「火」の2つの属性がある事や、
召喚の時に現れた「手」は何なのか・・・(娘の手です)
 
それとあの時、聞こえてきた声・・・
かすれていてよく分からなかったけど、
聞き覚えのあるような無いような・・・(娘の声です)
 
そんな事を思いながら図書館で目的の書物を探すグレイス。
上のフロアの人影に気付きました。
誰なのか見当が付いているみたいですが・・・
 
そこにピエールが血相を変えて現れた。
いつものようにヴィルジール王子が雲隠れしたようだ。
 
ピエールは極めて有能な侍従だが、
真面目すぎて融通が利かない為、
ヴィルジール王子は「息が詰まる」と、時々姿をくらますようだ。
 
以前のグレイスなら、見失ったピエールに落ち度があると、
ピエールを叱ったものですが、今のグレイスは憲三郎。
叱るどころか、アドバイスしちゃいます。
 
殿下が自分の意思で離れている間は、
ピエールもまた殿下から解放されている時間。
 
人間というのは常に緊張し続けてはいられないもので、
疲労が蓄積すれば仕事の質も低下する。
だから、これからはより良い仕事をするための
息抜きの時間と考えてはどうかと。
(公務員として働いていた経験が活かされております)
 
ピエールが如何に殿下のために働いているかは皆よく知っている。
何か危険が及ぶ場所ならともかく、学園の中でまで
そんな堅苦しく構えなくても良いのでは?
 
そう言われて感動するピエール。
「このピエール・・・ 王家のために身命を捧げる意を
より一層強くいたしました!」
なるほど、これは堅苦しい
 
グレイスは上級生であるピエールから
ビーストや魔法について教えて貰おうとするが、
「私ごとき浅学非才の身でアドバイスなど
おこがましいのでは・・・」と恐縮してしまう。
 
ここでアンナが「ピエール様のビーストのことを
教えていただけませんか?」と良い事を言った。
そういう事ならピエールも構わないでしょう。
 
ピエールのビーストはガーゴイル、属性は「水」だ。
王子のビーストの属性が「風」なので、実に相性が良く、
サポート役にピッタリだった。
 
昨年の魔法模範演習で王子が出場した時には、
ピエールがサポートしたらしい。
 
ピエールはグレイスが自分の力を必要とするなら
なんなりと申しつけて欲しいと言っていましたね。
それはグレイスが、いずれ王子の奥方になるから・・・
 
一応そういう設定ですが、
アンナとヴィルジール王子がくっつくルートも有り得る。
そこでグレイスは「殿下の結婚の相手が
わたくしである保証はないのですから・・・・」と、やんわりと否定する。
 
それに一番驚いたのはヴィルジール王子。
突如、目の前に姿を現わし、
「それは一体・・・ どういう意味だい?」と問いかけていました。
 
図書館の上のフロアにいたのはヴィルジール王子。
風魔法でグレイス達の話を聴いていたのだ。
 
そういえばアンナのビーストの属性も「風」。
それならヴィルジール王子がアンナに風魔法を教えれば、
二人はより親密になれるのでは?と考えたようだ。
 
しかしアンナは身分が違うことから恐縮しますよね。
これは憲三郎も想定内でしょう。
そこでこう言う事にした。
 
アンナさん 勘違いなさっておいでかしら?
この修練はあなたの為ではありませんわ・・・
来たるべき魔法模範演習でわたくしのサポートをするために!
それに相応しい魔法を身に付けなさいませ!!
 
悪役令嬢っぽく(?)言ってみました!
 
しかしアンナはグレイスのサポートを指名され嬉しそう。
全力で務めると気合い入れています。
 
ヴィルジール王子もそういうことならと納得し、
協力を惜しまないと言っていました。
あれ? 自分の評価が落ちない・・・
 
ピエールはピエールで
アンナに成長の機会を与える深い配慮に感服。
 
なんで こーうなるの!?
 
やることなすこと裏目に出ているが、
こういう裏目なら読んでいて楽しいですよねー