漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

月刊少年マガジン 2021年7月号

ましろのおと」、「ノラガミ」、「ボールルームへようこそ」は、
それぞれ別記事にしています。
ちなみに「双穹の支配者 ~異世界おっぱい無双伝~」は休載です。
 
空のグリフターズ ~1兆円の詐欺師達~ 加藤元浩) 6話
上手いこと噂を利用してガブリエルと交渉できたが、
空が風月から使うように言われた偽名は、
既に亡くなっている人物だったようだ。
 
それを知ったガブリエルは当然、激怒。
このままでは、この話はご破算だが・・・
 
風月の作戦ではガブリエルを怒らせることも予定に入っているのか?
 
め組の大吾 救国のオレンジ 曽田正人) 八話
大吾はあのホテルのオーナーの子供だったのか。
贖罪の為に、今度は命を救う側に回ったわけだね。
 
自棄になっていた大吾に生きる意味を与えたのは朝比奈大吾。
なるほどなぁ。
 
駿のおかげで危機を逃れた大吾。
今度は大吾が駿を救う番だ。
 
ちなみに次号休載。
 
終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 (原作/鏡貴也 漫画/浅見よう キャラクター原案/山本ヤマト) 45話
「柊」は何故、これほどの力を持てたんだろう?
 
真昼の言葉が暮人の心に刺さった。
柊が得た絶対的な力とは一体、何なのか。
 
しかしそれを調べるには時間があまりにも足りない。
世界は明日終わるのだ。
それも一体、誰が決めたのか。
 
暮人は父と直接 話をするつもりのようですね。
でも、耳を貸すかなぁ。
 
龍帥の翼 史記・留候世家異伝 川原正敏) 五十九話
窮奇が死ぬとは思わなかったが、かなり危ない状態だった。
 
暗闇が兵士達に恐怖心を生ませたのが大きかったか。
追撃の手が緩んだおかげで、張良の危機に間に合ったのだ。
 
くろアゲハ 加瀬あつし) 87話
凪沙にもヤバい過去があったのだ。
それを握った相沢・椎名・信愛。
もう凪沙のターンはないでしょう。
 
そしてエイラは全てに決着を付ける為、レースに挑む。
これがラストランだと覚悟し・・
勝っても負けても男だとバラす気かなぁ。
 
あ、レースに勝って、そのまま姿を消すのもアリか。
伝説になれるよね。
 
龍狼伝 王覇立国編 (山原義人) 43話
いつの間にか私怨に走っていた。
馬超がそれに気付いてくれて良かった。
 
そもそも、ここで馬超が死んだら可笑しいもんね。
これで志狼に大きな借りが出来た馬超
今後は歴史通りの働きをしてくれるのでしょう。
 
ちなみに次号休載。
 
鉄拳チンミ Legends 前川たけし) 161話
こっそり追加の秘薬を手にしていたのか。
かなりのダメージを受けたものの、なかなか往生際が悪いサンヨウ。
さらに秘薬を飲んでパワーアップ!
 
・・・そろそろ自壊しないかなー
 
異修羅 -新魔王戦争- (原作/珪素 漫画/メグリ キャラクター原案/クレタ) 4話
勇者を決める上覧試合も、裏では色々と駆け引きがあるようだ。
まあ、勇者を有する国がマウントを取れそうだもんな。
どの国も必死か。
 
しかし、あまり横道に逸れられても分かりにくくなるから、
出来れば試合を始めて、そこで駆け引きをして欲しいものです。
 
恋は世界征服のあとで (原作/野田宏 漫画/若松卓宏) 22戦
CM撮影とはいえ、ケーキ入刀はさすがにダメージが大きい。
不動もデス美が同じ立場なら・・・とやっと気付いたようだ。
 
CM撮影より先にデス美とケーキ入刀を済ませようとしたが、
デス美と連絡が取れないまま、撮影の日に。
 
でも撮影現場に究極怪人が乱入。
この恐ろしい怪人のせいで撮影は無茶苦茶になりそうだな。
案外、不動はホッとしたりして?
 
愚者の星 遠藤浩輝) 23話
白蛇はとんでもない兵器だった。
しかも操縦者は男女のカップル。
何とも苦い勝利だったでしょう。
 
でも恨むなら、こんな非情な指示をした上層部でしょう。
敵を憎んでもなー と思う。
敵(シンタ達)も殺されない為に必死で戦ったんだし。