漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

ダーウィンズゲーム (FLIPFLOPs) game#97

まずセイゲンが語ったのは、自分がいた世界の事。
 
セイゲンはGMゲームマスター)ではなく、
Dゲームのプレイヤーに過ぎなかった。
 
彼の異能は強力な念動力で、
その力でトップランカーにのし上がっていた。
そしてクランを結成し、シブヤ周辺を縄張りにしていたらしい。
 
GMは至道イザヤ
つまりセイゲンのいた世界は、
カナメ達のいる世界とあまり変わりが無い世界だったのだ。
 
そしてセイゲンはシブヤ宝探しゲームに参加。
カナメはここで初めてDゲームに参加しているわけですが、
セイゲンのいた世界では参加していないようだ。
 
ちなみにレインやシュカは宝探しゲームに参加していて、
リュージやスイは、このイベントで命を落としているらしい。
 
カナメは王の事も気にしていましたが、イベントには王は不参加。
その理由は・・・?
 
ある日、トップランカーであるセイゲンにイザヤが接触してきた。
イザヤは、未来に起きるグリードの危機に備えるため
優れた異能使いを生み出し、選別する目的でDゲームを創ったと語る。
そしてセイゲンにはエージェントになって欲しいと依頼してきたのだ。
 
当時のセイゲンはグリードの危機には興味が無かったが、
提示された多額の報酬と特権に惹かれ、依頼を引き受けていた。
 
セイゲンの主な任務は計画の邪魔になる者の暗殺だった。
彼の念動力なら、触れる事も無く相手の心臓を握りつぶせる。
 
イザヤは子飼いの人間を内閣に送り込み、
政敵になる者を排除し、政治に影響力を行使していた。
 
エージェントはセイゲンだけではなく、他にも数名いたが、
イザヤは王もスカウトしたかったようだ。
 
しかし王はイザヤも知らないうちに・・・
Dゲーム外で死亡していたのだ。
セイゲンはシブヤで縄張り争いをしていたので、
王が死んだという話はよく覚えていると語る。
 
王が死んだ?
カナメはかなりショックを受けていましたが、
これはセイゲンの世界の話。
 
ここでピンときますよね。
あの特別なグリードは、
セイゲンの世界の王をコピーしているのではないかと。
 
セイゲンは話を続ける。
カナメも参加したイベントが続く。
ハンティングゲーム、そして海賊王との決闘
ここからGMの思惑は少しずつ狂い始める。
 
異なる世界線との戦いであった「海賊王との決闘」
ここで選抜チームは大敗し、多くのプレイヤーを失う。
そしてイベントの開始とほぼ同時に世界をグリードの大群が襲った。
人類はあらゆる場所で敗退を重ね、生息域を狭めていった。
 
それから五年後にイザヤは東海道打通作戦を計画。
GM自らがグリードの流入口となっている時空間の綻びを封じる作戦。
まさに決死行だった。
結果は・・・
 
失敗です
東海打通作戦は無惨な失敗に終わったのです
 
失敗・・・カナメの衝撃は大きかった。
セイゲンは詳細を語り始める。
 
作戦目標はグリード最上級統率個体
仮称グリード・コアの撃破
そしてGMによる時空歪みの修正
 
当初 作戦は順調に推移
熟練の異能使いのみで構成された部隊は強力。
セイゲンは作戦の成功にほのかな期待を抱き始めていた。
 
しかし決戦に備え休憩を取ろうとしたその瞬間、
巨大な地震が富士山麓を襲った。
崩れ去るビル群によって部隊は分断され、
その混乱に乗じてグリードが強襲
 
グリードは最大戦力である三体を同時に投入してきた事から、
グリードはこの地震を予知していて、利用するつもりでいたのだろう。
(もしかして、その地震もグリードが引き起こしていたりして)
 
もはや勝ち目はなく、敗走するセイゲンとイザヤ
ビルの影に潜んで一息ついた二人だが、
その隙をグリードは逃さなかった。
 
イザヤは切り裂かれ、セイゲンは視力を失った。
もはやここまでと死を覚悟したが、
殺される前に一匹でも多くのグリードを道連れにするつもりだった。
 
しかし その時 不意に声が聞こえた
先に殺されたはずのイザヤの声が。
今となっては幻聴だったかとも思います
ですが 確かに聞こえたのです
『すまない 後事は託す』
 
ここでセイゲンは直感として理解した
イザヤの力が自分(セイゲン)に移ったのだと。
 
セイゲンに無限に広がる美しい世界線が見えた
そしてそれを台無しにしているのがグリードなのだと。
怒りに震え、グリードを異能ですり潰さんとするが・・・
 
また失敗?
大丈夫 最初からやり直せば良いよ
今度こそ
そうだ もう一度 やり直しだ
 
そんな声が聞こえたと思ったら、
フッとグリードの気配が消えてしまった。
 
グリードはセイゲンの世界から完全に消えた・・・
つまり世界線を越えたのだ。
 
それはGMの力。
グリードはイザヤの力を奪ったという事だが、
イザヤは殺される時にそれを察して、セイゲンに力を託したのだ。
 
結果としてGMの力は不完全な形で二つに分かたれてしまった。
そして、その分裂に呼応するかのように
世界の崩壊が始まってしまったのだ。
 
世界は自らを維持する事を止めたのだ
セイゲンは絶望した
しかしやるべき事が残っている事も自覚していた
元凶たるグリードを追う
そして必ず 討ち滅ぼす
 
セイゲンは知覚を広げ、奪われた力の片割れを探し、
そしてこの世界にやってきたのだ。
それが今から20年前の話。
 
GMとしての力は失われたが、異能だけは残った。
異能とかつての世界での知識を使って、
救世の為に作り上げたのが「くちなわの会」
 
そしてセイゲンがカナメに頼みたかったことは、
東海打通作戦でセイゲンに同行し、
グリードを討つ為の協力をして欲しいと言うもの。
 
それだと軍の作戦を無視しないといけない。
さすがに、カナメもそこまでのリスクを背負ってまで、
セイゲンに協力出来ない。
 
ここで拒もうとするカナメを制し、レインが口を挟む。
 
なるほどセイゲンさん
あなたの話は実に興味深いものでした
それにリュージさんの異能にも反応しない以上
あなたがそれを心の底から信じているのも確かでしょう
 
ですが証拠は一切ない
私達の命運を そんな妄想じみた話に委ねるわけにはいきません
 
そしてレインは協力を求めるならイザヤではないかと言うが、
それは違うとセイゲンは言う。
そもそもグリードから守るべきモノは、
イザヤの命ではなく、イザヤが持つ力なのだ。
 
そしてセイゲンは自分の話の証拠となるものがあると言う。
それは元の世界から持って来たモノ。
 
スマホは壊れてしまったが、
撮影した画像データをプリントアウトしていたのだ。
 
視力を失ってしまい、見ることは叶わないが、
これを手に取ると不思議と懐かしい気持ちになると言う。
 
これはかつての東海打通作戦の時
出撃前に撮った最後の写真です
 
その写真を見せて貰ったカナメとレイン。
そこにはイザヤオボロ、そしてセイゲンと思われる人物に・・・レイン
 
驚くレイン。
あ ありえない!
私にはこんな写真を撮った記憶は一切ありません!
 
これはもうセイゲンの話を信じるしかないでしょう。
それに特別なグリードを討つというのなら
ダンジョウの弔い合戦にもなる。
これはもう依頼を引き受けるしかない。