漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

月刊少年マガジン 2021年8月号

ましろのおと」、「ノラガミ」はそれぞれ別記事にしています。
ちなみに「め組の大悟 救国のオレンジ」、「龍狼伝 王覇立国編」、「ボールルームへようこそ」、「鉄拳チンミ Legends」は休載です。
 
龍帥の翼 史記・留候世家異伝 川原正敏) 六十話
韓信の寝所に身分を隠して行った時は、
劉邦の行動に?となったが、彼なりの考えがあったのだね。
 
項羽から敗走しているだけに、
威厳を保つにはこの方法しかなかったのだろう。
それにしても韓信は無茶ぶりをされたなぁ。
 
張良に策があるのだろうけど、
何とか期待に応えるしかないだろう。
頑張れ、韓信
 
陸奥圓明流異界伝 修羅の紋 ムツさんはチョー強い?! (原作/川原正敏 漫画/甲斐とうしろう) 九話
ついにオーリンが現れた。
オーリンも獣人。
獣の部分は狐、しかも九尾の狐か。
そりゃ魔力が強い。
 
そんなオーリンはムツの強さを認めるが、
紋を消す方法を教える条件として試練を受けてもらうという。
塔に登るなんて、まんまRPGの世界だな!
 
終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 (原作/鏡貴也 漫画/浅見よう キャラクター原案/山本ヤマト) 46話
父は何か企んでいる。
世界が滅亡するのに、言動はいつもと変わらない。
これは やはり「柊」家の計画
 
でも詳細は教えて貰えない。
知る必要などないという事だろう。
 
そして真昼は死ぬという。
彼女の死がトリガーなのか、それとも・・・
 
暮人は柊を裏切った者は潰すと言う。
そこには一ノ瀬家も入っている。
まずは見せしめにグレンを殺す
暮人は揺るがない。
 
グレンは世界の破滅を止めるために動いていた。
仲間との結束は強く、士気は高い。
しかし・・・
 
最後の抗いが ついに始まる
 
異修羅 -新魔王戦争- (原作/珪素 漫画/メグリ キャラクター原案/クレタ) 5話
黄都から独立したリチア。
表面上は友好関係を保っているが、
リチア公国の領主タレンは王国に対する脅威と認定されている。
 
表立った事はしないが、野盗による通商攻撃は
黄都が雇った賊に違いない。
それどころか、スパイを潜り込ませている可能性もあった。
 
そこで内通者を洗い出す為に起用したのが“鵲のダカイ”
剣士のようだが、その身のこなしは違った。
あまりにも鮮やかで抜け目が無かった。
 
そして命乞いをする者にも容赦なかった。
剣士の情けなどない、何故ならダカイは盗賊だから。
 
敵の攻撃や企みも凄かったのに、
それを上回るダカイが凄かった。
なかなか痛快な内容でした。
 
空のグリフターズ ~1兆円の詐欺師達~ 加藤元浩) 7話
最初に上手くいった所を見せましたね。
1兆円を手に入れたが、空は捕まってしまったようだ。
どんな経緯があるのだろう・・・
 
財宝という餌でネイサンを釣った。
ガブリエルは慎重だったが、暴走するネイサンを止めることは出来ない。
 
まんまと目的地までネイサンをおびき寄せることが出来たが、
一つ計算が狂った事があった。
ガブリエルがジャミング装置を用意していたのだ。
 
このままでは起爆装置が使えない。
それでも作戦は成功するのですから、
どうやったのか気になる所です。
 
ちなみに前話でガブリエルに
ハナヤショウコは死んでいると言われた件は、
それは叔母の事で、漢字が違うと言って逃れていました。
 
おなじ読み方でも漢字が違うというのは
日本人ならありますからね。
ガブリエルも引っ込むしか無かったようだ。
やるねぇ。
 
恋は世界征服のあとで (原作/野田宏 漫画/若松卓宏) 23戦
ケーキを食べたことで、それまで取り込んだよ。
しかし、それならデス美と手を取って切れば、ケーキ入刀と同然!
 
想いが叶って良かったねぇ。
ちなみにアル君は赤ちゃんサイズになって、
提督が可愛がっていました。
平和になって良かったね。
 
愚者の星 遠藤浩輝) 24話
何とか撃退したが、ダメージは大きかった。
雰囲気をよくするために取った手は、
士官用の食糧庫を開放しての打ち上げ。
 
好きなモノを好きなだけ食べられる!
これはテンションが上がった。
はしゃぐエリシャとか良い感じだった。
 
でもパリスは参加せずにケイラーに別れを告げ、
病院の外から演奏を聴かせる。
 
それは悲しい旋律だった。
別れの曲。
 
ケイラーは、パリスの為に生きてきただけに、
これからどう生きていくのだろうか。
強くなれ、ケイラー。
 
双穹の支配者 ~異世界おっぱい無双伝~ 赤衣丸歩郎) Quest 14
増幅した力を一気に魔王軍の団長・ペタスキーに叩き込む!
粉みじんなって死滅するペタスキー。
いい気味である。
 
しかしお褒めの言葉って、強力なんだなぁ。
ボーナスタイムに突入し、好感度が一時的にブースト。
ユリーナ、ネア、アリステーゼの三人が春秋に・・・
 
何とも羨ましい展開だったが、ぺたんこのロリ師様には効果なく、
彼女の魔法で全員正気に戻っていました。
 
アリステーゼの右フックでノックアウトの春秋。
ユリーナも怒っていますが、その発言に笑った。
私のだけにあきたらず姫様やネアのにまで!
死ね この浮気者
 
ユリーナってば・・・
可愛いなぁ。
 
くろアゲハ 加瀬あつし) 88話
エイラを解放したいという気持ちはマーだけじゃない。
都姫も同じだった。
二人共、エイラに勝つ気か。
 
このままだとマーが切ない事になりそうで嫌だなー