漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

夢見が丘ワンダーランド (増田英二) 12話

「願わないアイドル」という事で支持を集めたリナリア
そんな彼女の目の前に、彼女そっくりの女性が現れた。
ドッペルゲンガー
 
いつの間にか自分の居場所を奪われ、
しかも本物はメジャーデビューしていなかったのに、
先に偽物がメジャーデビューしていた。
 
マネージャーの願いなのかと思ったが、
自分以上に自分を観て、本物は気付いた。
 
願ったのは自分自身。
ドッペルゲンガーを生み出したのは私だったんだ・・・!!
 
これが「願い」が叶う世界の闇。
望んでもいない形で「願い」が叶う事もあるのだ。
ネガティブなイメージが実現されることもあるのだ。
 
悪夢も夢だ。
だから悪夢が叶う事もある。
 
この世界は「願い」が叶う世界じゃない
自分の中の世界が それぞれの空想が現実に干渉する世界
それがこの不思議の国の正体
 
果たしてリナリアの運命や如何に!?