漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

惰性67パーセント (紙魚丸) 86話

吉澤が料理中に思いがけない来訪者(?)がありました。

足元にやって来たので、やっと存在に気が付き、

悲鳴を上げて慌てて奥のリビングに逃げていました。

 

思いがけない来訪者はゲジゲジ

毒を持たず病原菌も媒介しないので基本的には人間に無害な虫だが、

見た目が滅茶苦茶気持ち悪いので不快害虫の扱いを受ける場合もある。

 

慌てて逃げたので、鍋は全開。

もしゲジゲジが、その鍋に投身自殺したら・・・

トラウマレベルの鍋物になるなぁ。

 

それだけは阻止したい吉澤。

彼女が呼んだのは・・・

 

酒瓶を持って「おっす 来たぞ~ん」と既に出来上がっている北原。

呼び出しておいて出迎えが無いので、不審に思った北原に

吉澤はメッセージを送る。

 

換気扇のあたりに虫いるから

おっぱらってくれ

 

しばらくの沈黙の後、「きゃああああ!!」と悲鳴を上げて

北原がリビングに飛び込んできた。

なんっじゃ ありゃあああああ!!

 

そして吉澤の首を絞めながら、

おまえっ 煮物作ったから 酒持って来いって

ぶっ殺すぞ!!

 

煮物を作ったのは嘘では無いが・・・

 

ジューシーな大根

ぷりぷりの手羽

この旨味をたっぷり吸った油揚げ

こいつで一杯やりたければ ヤツを始末するんだ!!

 

良い匂いはするが、そんな事をしてまで食べたいとは思わない。

別に肴なくても困らない質なので どうでもいいも~ん

 

北原は動かない!

かくなるうえは・・・

 

しばらくの沈黙の後、「ひゃああああ!!」と悲鳴を上げて

上沼さんがリビングに滑り込んできた。

ゲジゲジじゃないですかーっ!?

 

ゲジゲジだが?

 

こんな事でいちいち呼ばないでくださいよ・・・

殺虫剤でも使えばいいじゃないですか・・・

 

ない

 

テレピン(揮発性の油)でもぶっかけたら死ぬんじゃないですか?

 

コンロの周りで そんなもん撒けるわけないだろ!!

 

となると・・・ と上沼さんが手にしたのは鍋とガムテープ。

ヤツを上沼さんが片手鍋で閉じ込め、

そのまま壁に吉澤がガムテープで固定

ヤツが息絶えるまで壁に封印・・・

 

いやいや、息絶えるまでって、どうやって確認するんだよ?と思ったが、

その前に片手鍋は構造上、平面に密着させる事が出来ない場合があり

ゲジゲジは隙間から簡単に逃げ出すことが可能だったのだ。

 

想定外の出来事で悲鳴を上げる上沼さんと吉澤。

リビングに退避しようとしたが、それよりも早く北原が扉を閉めてしまい、

二人は逃げることが出来なくなった。

 

先輩、段ボールの裏に逃げましたよ!!

ぎゃあああああーっ!!

 

 

なるほど くだらない理由で呼び出してくれたっすね~

ゲジゲジなら捕まえたから もう大丈夫っす

 

さすが五木さん。

何でも触りたガールだけある。

 

つーて 毒も持ってないし

基本的に無害な虫っすよ

ゴキブリやダニを好んで食べるので

見方によっては益虫とも言えるっす

 

見た目がキモイんだよ!!

 

よく見ると結構かわいい顔してるんすけどね

そう言いながら、手に持ったゲジゲジを吉澤に見せる五木。

 

これは強烈!

トラウマレベルかもしれない。

 

こういう場面で西田が浮かばないのは、何故だろうねぇ。

まあ、あっさり解決されても面白くないけど。

もののがたり(オニグンソウ) 八十一話

唐傘と互角に戦えている。

そう見えていた。 しかし錯覚だった。

 

常世の穢れを現世に放つなど

まさに神の御業でなければ成し得ない

どちらの世界にも縁を持つ現世神の御業でなければ

 

そして唐傘は天恵として 権能の一部を授かっている

彼らは神の代行者に格上げされたのだ

勝ち目は潰えた・・・

 

婚礼調度達だけではない、菫と紅緋も、白百合も、

そして兵馬も例外では無い。

とにかく兵馬には数で押してくる。

 

体力が嫌でも削られ、しかも次の相手は師範クラス。

こんな所で時間を割いている場合ではないのに・・・

 

大樹も苦戦中。

塵外が相手ですからね。

 

どのみち大樹に残された時間は、あまり長くない。

それなら不確定要素があっても切り札を使うべき。

そう決意した大樹だったが、目の前に更なる強敵が現れた。

 

椿だ。

本当に椿まで取り込まれてしまったのか・・・

このままでは、どう逆転するのか分らない。

椿は操られているフリをしているとでも言ってくれよー

週刊少年ジャンプ 2021年43号

Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi Z=212

日本に到着し、次々と仲間達を復活させた千空。

再会に喜ぶのも束の間、寿司でお腹を満たし、

建設中のダムへ。

ここで作った電気でアルミニウムを作る。

 

そして宝島ではロケット発射場建設が着々と進んでいる。

いよいよ月へ!

ラストステージは目前。

 

SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 40

さすがは凶悪な死刑囚。

シンとルーは劣勢だ。

 

しかし太郎は分っていた。

シンにはもっと上がある事が。

 

そんな太郎の期待に応えるように、シンは覚醒。

でも自分の命の危機より、太郎の家族の事で覚醒するなんて、

シンも良い感じですね。

 

PPPPPP (マポロ3号) 2話

母親の余命はあと1年。

こうなったら、泣き言は言っていられない。

何が何でもプロのピアニストにならなくては。

 

ブラッククローバー 田畠裕基 ページ307

仲間に当たるのを避けた為、心臓を外していたのか。

これではゼノンは倒せない。

 

完全に悪魔となったゼノンに劣勢。

しかしフィンラルの参戦で戦いは分らなくなった。

兄弟パワーでゼノンを修正してやれ!

 

こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治) 【特別読み切り】

201巻が発売されるので、その宣伝でした。

どうせなら300巻まで続けるのかと思ったが、

そんなことはないようだ。

 

アオのハコ (三浦糀) #22

インターハイ県予選が始まりました。

千夏さんの声援を受けて、大喜はやる気満々。

 

まずは針生と組んでのダブルス戦。

針生も実力者なので、1回戦や2回戦で負ける事は無いだろう。

 

でも針生がライバル視する兵藤と戦う前に遊佐の組に負けそうな気がする。

遊佐は大喜のライバルとなるかも。

 

逃げ上手の若君 松井優征 33話

鎌倉に赴任した直義は力によって支配しなかった。

だから民からの反発もなく、鎌倉は平和なものだった。

 

そして北条の残党が敵討ちに現れても、冷静に対処。

彼の周囲には優秀な若者が多数付いていたのだ。

 

鎌倉奪還は一筋縄ではいかないだろうなぁ。

時行の鎌倉への想いは強いでしょうけど、

それだけで、どうにかなるとも思えないぞ。

どんな策があるというのだろうか。

 

破壊神マグちゃん (上木敬) 60

マグちゃん達、破壊神だから出来た荒業でしょうね。

相手を気遣うのも良いが、やはり本音でぶつからなくては、

本当の絆は生まれないでしょう。

 

高校も同じ所へ。

桔梗の選択はきっと間違っていない。

 

アンデッドアンラック (戸塚慶文) No.080

友才は風子とアンディに任せても良いと思ったようだが、

ビリーは風子の能力では不確定要素があると思ったのでしょうね。

 

しかし塔を傾けるとか、どんな能力なんだろう。

咄嗟の判断で風子とアンディは別れ、

アンディはビリー、風子はスプリングへ。

 

風子だけでスプリングを倒す!

すげぇ賭けに出たなぁ。

 

あやかしトライアングル 矢吹健太朗 61

カゲメイはしばらく回復に専念するので、

しばらくは脅威がないと思ったが、

まさかの画楽 襲来。

 

カゲメイは命依の姿はしているが、本来の命依じゃないぞ。

画楽が恋した命依はそんな人じゃなかっただろうに。

 

二人の殺し屋 (谷本達哉) 【特別読み切り】

殺し屋を二人用意するほどの案件ではないのに、何故?と思ったが、

なるほど行き過ぎた殺し屋を始末するのが目的か。

最初から殺すつもりだったわけだなぁ・・・

 

色々と端折っているので、厚みがないのが残念。

もう少しページが欲しかった。

 

ウイッチウオッチ 篠原健太 31

魔法によってときめきを解放された守仁。

いつも以上にニコが素敵に見えたようだ。

 

しばらくして効果は消えましたが、ニコへのときめきは残った。

それは本物でしょう。

 

そもそもニコは普通に可愛いからね。

ときめかない方がおかしい。

 

レッドフード (川口勇貴) ナンバー12

実力は在るが、自分を卑下するボンカース

ツラい過去のせいでもあるが、これで全て諦めさせたらいけない。

 

ボンカースも仲間にして、試験に合格だ。