漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

週刊少年チャンピオン 2021年30号

ヤンキーJKクズハナちゃん (曾我部としのり) 62話

母の参戦で動揺した華子。

いつも通りに闘えなかった。

 

しかし早乙女の激励が華子を落ち着かせました。

冷静に母の攻撃を受け流し、反撃。

母は降参していましたが、最後は本気ではなかったかも?

 

こうして道場でクリスマスパーティーを開ける事になりましたが、

女性陣の目当ては、当然 早乙女のプレゼント。

ゲームで1位を獲って、早乙女のプレゼントをゲットだぜ!

 

誰がゲットするのかなー

 

弱虫ペダル 渡辺航 RIDE.644

勝ち誇る川田。

完全に調子に乗ってしまったよ。

 

しかし鏑木は納得できない。

きっと川田が不正をしたに違いないと思っていた。

 

杉元の口ぶりから確信に変わったでしょうけど、

それを訴えたとしても、川田は変わらないでしょう。

自転車で変えるしかないのだ。

 

調子に乗る川田は、次の標的に坂道を選んだ。

峠の帰りに勝負をけしかけるつもりかな。

圧倒的な敗北をして、心が折れて欲しいわ。

 

ギャルの背後に霊がいる (橋本くらら) 34話

雪ではしゃぐ ゆいな、ひかり、レイコ。

雪合戦でレイコがとった作戦は、幽霊ならではかもしれないな。

普通の人間がやったら、口の中が凍傷になりそう。

 

異世界シェフと最強暴食姫 (東殻) 12話

防衛システムのせいで国が滅茶苦茶になったのか。

これはもう戦争どころではないだろう。

結果として大勢の人の命が救われたとなるのかもしれないな。

 

まあ今は、黄金の羊の料理を堪能しよう。

 

ハリガネサービスACE 荒達哉 120話

豊瀬と鬼灯山の試合

相変わらず三蔵に翻弄されていましたが、

では、それ以外の選手はどうなのか?

 

いくら三蔵が凄くても、他の選手が平凡な能力なら、

付け入る隙はあるはず。

 

そのうち三蔵が苛立ってきて、

チームワークが滅茶苦茶になるかも?

 

聖闘士星矢 NEXT DIMENTION 冥王神話車田正美 Part99

倒れていた天馬を見つけたオデッセウス

彼の記憶を覗いてみたようだ。

 

そこにはサーシャとアローンの姿があった。

そして聖闘士として水鏡から教わる天馬。

 

水鏡の弟子ということで天馬に期待したものの、

たいした強さでは無いのでオデッセウスはガッカリしたようだ。

 

黄金と青銅なので差があるのは仕方ないが、

天馬は一矢報いることも出来ないのだろうか。

 

あつまれ!ふしぎ研究部 安部真弘 231話

雷を怖がるのは仕方が無いと思う。

逆に千晶や鈴が平気なのが不思議なくらいだ。

 

黒羽白書 (内田康平) 17

自分と同じ苦しみを味わわせたくて、虐めていたのか。

そして兄が死に、復習が出来たと思った。

 

素直に嬉しかったが、それと同時に

兄と楽しく過ごした幸せな日々は二度と戻ってこない事も知った。

どうしたら良かったのか。

 

強制執行で化け物に襲われた龍之介。

それを救ったのは亡き兄だった。

 

龍之介が求めていたのは兄の愛。

だから兄も龍之介を強く抱き締める。

もう何があってもお前を裏切らない

今度は嘘じゃない

 

こうして龍之介は救われ、更生した。

失われた命は、もうどうすることも出来ない。

 

これからは贖罪の為に生きていく。

誰かを幸せにする手助けをしよう。

 

こうして龍之介の件は終了しましたが、

今度は朝比奈が黒羽(本人)に依頼されていた。

 

どうしても救って欲しい人がいる

それは一体、どういう人物なのか。

次号より新展開!

 

もういっぽん! (村岡ユウ) 129話

修鳴女学院の大将・小石川は強かった。

あっと言う間に4人抜きをされ、大将同士の戦いに。

 

まあ、永遠が気負うわけがないですけどね。

強い相手ほど燃える永遠には、ちょうど良い相手だったでしょう。

 

彼女の音色は生きている (真田つづる) #4 【短期集中連載】

ここで天音のライバル登場。

とはいえ、天音は全く記憶に無かったというライバルですが。

 

記憶に無かった理由が気になるなぁ。

4年前はまったくのポンコツだったのか、

それとも天音と誰かを思い違いしているのか。

 

自分の好きな曲を弾きたいと思った天音。

亡き父も好きだったショパンの曲にしようとしたが、

そこに母が現れ・・・

 

暴力的な母ですから、どんな行動に出るのか心配だ。

ここは小絃の出番かも?

 

吸血鬼すぐ死ぬ (盆ノ木至) 252死

何でもありの野球?だが、さすがに死者を出したら反則負け。

そこで後がない対戦チームはドラルクを選手として起用。

 

なるほど、死にやすいドラルクを使えば、

簡単に反則負けを誘える。

 

圧倒的に優位に立ったわけですが、

こんな勝ち方は気分が良いモノではないですよね。

最終的には真剣勝負で敗戦。

でも悔いは無いでしょう。

 

・・・すぐに生き返るからドラルクの死はノーカウントじゃないのかなぁ?

そのうち但し書きで、「吸血鬼には適用されません」と

ルール変更されるかも。

 

自殺食堂 (鈴木リュータ) 特別読み切り

自殺するのを踏み止まる食堂かと思ったが

そうではありませんでしたね。

 

死んでからも苦しむ必要はない。

死者を楽にさせる食堂だったようだ。

死ぬ前に何とかして欲しいところだったけど。

 

はぐれ勇者の異世界バイブル (那珂山みちる) 27話

魔王はスズキを連れて行く気だ。

スズキは魔王に、王にも神にもなれると言われるが、

そんなモノになる気はないと断るでしょうね。

 

彼は漫画家なのだ。

読者を喜ばせたい

ただそれだけでしょう。

 

あれ? 最終回が近い?

 

うそつきアンドロイド (阿東里枝) 37

これまで関わった人達も手伝ってくれて、

人が乗れるロボットは無事完成。

 

展開が早すぎる!!

 

そしていよいよ ゆずが本当の事を伝える時が来たようだ。

果たして西表の反応は?

 

どんなクライマックスを迎えるのでしょうか。

どう考えても最終回は間近だよ。

サンデーGX 2021年6月号

ヴァンピアーズ」、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic」は
それぞれ別記事にしています。
ちなみに「貧民、聖櫃、大富豪」は休載です。
 
デストロ016 高橋慶太郎) 2話
のりを苦しめる「おじ」は相当な悪。
悪すぎてボス(仙崎室長)から抹殺指令が出るほど。
みのりの許可を得るまでもなかったんだな。
 
あっと言う間にミンチにしていましたが、
このテンポが良いですね。
虐げられるシーンなんて少しで良いのだ。
 
レッドサン・インク (スズキ唯知) #6
手を出したことを後悔する間もなく、マフィア達は全滅。
紺野も参加していましたが、銃を撃つことは出来なかった。
仲間がピンチでも撃てないようでは・・・
 
仲間から抜けるとか言い出すのかな。
 
薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳 (原作/日向夏 作画/倉田三ノ路) 四十五話
「先帝の呪い」について調べ始めた猫猫。
壬氏が子供の頃に遊んでいたという玩具を見つけ、
子供の頃の話を聞いて、今の壬氏の子供っぽい所が理解できたようだ。
 
そして、玩具が入っていた箱の中に呪いの正体を見つけたようだ。
それは一体、何なのか。
気になります。
 
咆えろペン 島本和彦) 特別読み切り
コロナ禍で炎尾先生のストレスが溜まっていたようだ。
そんな中、保険会社の担当が代わり、
ハキハキした感じの新人になった。
 
その女性は炎尾の常識を軽く踏み越えてくる人で、
彼女と話をすると、色んな刺激を与えて貰ったようだ。
それこそ、胸焼けがするくらい濃い内容で・・・
 
結局、入籍を機に去って行きましたが、
彼女が残してくれたエピソードは、炎尾を奮い立たせた。
 
これからきっと良い作品を生み出してくれる・・・よね?
 
ゾン100 ゾンビになるまでにしたい100のこと (原作/麻生羽呂 作画/高田康太郎 #31
大阪のゾンビは他の地域のゾンビと違った。
妙にテンションが高く、これまでの対処方法が通用しない。
死んでも、大阪人の魂は残っているというのか。
 
苦戦していたアキラ達ですが、ここで助けが入る。
そして助けてくれた人物こそ、アキラ達の旧友。
ギャンブラーで、ついには大学を中退したらしいが、
今は、そういうタフな男こそ頼りになる。
 
大阪城周辺は無事な人間達のエリアで、
そこで缶詰と通貨として経済が成り立っていた。
 
ゾンビウイルスのワクチン開発をしている企業を探さなくてはいけないが、
そういう情報は富裕層が知っているらしい。
 
まずは富裕層に会うためには、自分達が缶詰長者にならないといけない。
ここは夢の一つでもあった“バーを経営する”ことで、缶詰長者を目指す!
 
男だけでは厳しかったでしょうけど、
綺麗どころもいるし、何とかなりそうな気がする。
 
任侠転生 -異世界のヤクザ姐-宮下裕樹 原案/夏原武) 22話
実像を持たない魔王アギト。
そんなアギトでも弱点があった。
 
刺さっている剣を押し込めば勝ちだったが、
親の情が魔王討伐よりも息子の命を優先させてしまった。
でもリューが責めるわけが無い。
 
手にした剣をもう一度突き刺せば良いのだ。
ここからが本当の勝負だ。
 
サバゲっぱなし 坂崎ふれでぃ) 54話
西部劇の格好でサバゲー
やるからにはガチな格好でやりたいものですね。
 
果たして、どんな集まりになるやら。
 
ジャジャえのあきら) コレクション163
結局、何の問題もないバイクだった。
ドゥカティが作ったバイクだから、皆が期待しすぎたのだ。
 
そんなわけで呪いの正体が明らかになり、
そして4台の500ツインが集結。
 
1台は購入者が決まっているから良いが、
他の3台は・・・ と思ったら、
購入した人がインフルエンサーだった。
 
あっと言う間に完売!
しかもゴブリンまで有名になってしまった。
これは他にも店員を雇わないと?
 
誰そ彼に海が泣く 結月さくら 10話 
毒草には毒に耐性のあるウミウシ
しかし相手の毒が上回れば安曇は・・・
 
しかも祢津が現れたのだ。
これは安曇もピンチかもしれない。
 
アカゴヒガン 飯沼ゆうき) 11話
今度は妊婦が化け物に。
胎児の影響なのだろうか。
 
これって、どういうオチをつけるのだろうなぁ。
どんどんカオスになっている気がするよ。
 
蛇沢課長のM嬢 犬上すくね) 60話
別れを切り出され、ショックを受けた美々子。
でも怪我をした拓斗の事も心配なので、拓斗の元に走った。
 
蛇沢は永遠の放置プレイを覚悟してが、
拓斗から話を聞いた美々子は、
蛇沢の性格を踏まえて、色々と察したようだ。
 
今さら、ノーマルに戻れというのも酷い話だよね。
ここまでドSにさせておいて・・・
 
しっかりお仕置きを受けて、大喜びの蛇沢。
ついに勢いに乗ってプロポーズだ!!
 
美々子が拒むわけが無いが・・・
ドSならではの応え方をするかも?
 
エル婚! ~ぼっちエルフの婚活日記 (くさかべなつみん) 2話
休日を楽しみにしていたが、前夜に飲み過ぎて、
目覚めたのは休日の夕方。
あるあるー
 
こいつはいかんと、妖精が連れて行ったのは相席ギルド。
ここには出会いを期待して冒険者がやってくるのだ。
 
まあ、こういう所に来る冒険者なんだから、大体 察するが出来るけど・・・
 
それでも、何とか意気投合して、楽しい場になったようですが、
「楽しかった」で終わってしまったようだ。
これだから!!
 
流血女神伝 ~帝国の娘~ (原作/須加しのぶ 作画/窪中章乃) 第二話
まずは貴族としての所作を学ばなくてはいけない。
乗馬や勉学、剣術・・・
 
貴族って、こんなに大変なのか!とカリエは分かったでしょうね。
そして望んで王子の代わりになったわけではないので、
厳しい指導に ついにキレてしまった。
 
でも、エディアルドも好きでやっているわけではない。
親にしてもそうだ。
こんな無茶な話を受け入れたのは、脅されているからに違いない。
 
親の命もかかっているなら、やるしかない。
そう決めてからのカリエは強かった。
 
三ヶ月後には、立派な姿で立っていたのだ。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic (原作/渡航 作画/伊緒直道) 100話

あて馬プロム何やる」企画会議開始。
出店、花火、キャンプファイヤー・・・
色々出てきたが、今ひとつピンとこない。

そこで、いかに上手く保護者の一部に発見されるか、
いかに上手く止められるかを考えることに。
 
そして名乗る団体名は「部長会」に。
現状のプロムに不満があり、
独自で各部活の合同追い出しコンパを考えている。
そんな感じで話を進めるようだ。
 
ちなみに部長会のトップは隼人。
ここは八幡が交渉するしか無いだろう。
 
交渉の前に雪乃と会い、
つい眠ってしまった雪乃に肩を貸すなんて事もありました。
目が覚めた雪乃の恥ずかしがる所が良かった。
 
そして気が付くと目の前には結衣。
いつから見ていたのだろう・・・
 
結衣は、今は八幡の手伝いをしていると伝え、
これが終わったら“ちゃんと”すると言う。
だから雪乃のお願いは叶わないからと。
 
雪乃は結衣の願いが叶えば良いと思っていると言う。
・・・本当にそうなのだろうか。
 
そして八幡と結衣の元を去ろうとする雪乃に、結衣は抱き付く。
プロム終わったら お昼一緒に食べるから
あと ゆきのんち また泊まりに行く
春休みはランド行って、シー行って、それでまたうちに泊まりに来るの
そして4月になったら・・・ 4月になったら何しよっか?
 
全部出来るかしらと言う雪乃に、
全部やるまで一緒にいると言う結衣。
 
ずっと友達でいるから、傍にいるから。
実際には難しいことだけど・・・
 
そして隼人と交渉する八幡。
部長会は生徒会の下部組織だから、協力しかねると言われる。
ましてや個人として協力するなんて、言語道断。
 
結局 妥協点として、
他の部員が個人で手伝うことは止めないという事に。
 
隼人は小学生の頃、雪乃を助けられず後悔している事があった。
全力で助けるべきだった。
そして八幡は、その頃の自分に似たことをしていると。
 
君は中途半端なことをするべきじゃない
本気で、全力で向き合うべきだ
 
八幡のやり方は間違っている、
すべきことはそんなことじゃないはずと言う隼人。
 
隼人のこういうところが心底気に入らない。
本当に嫌いだ。
だから言う事が出来る。
 
うるせぇ
全部分かってる
わかってて、こうしてるんだ
それしか証明する方法がない
 
あいつが助けを必要としてなくて
それでも俺が助けたいと思うなら・・・
それは共依存なんかじゃない
 
その感情を何と言うか知っているか?
そう隼人に問われた八幡。
 
知っているよ
“男の意地”って言うんだ
 
隼人は、この答えに満足したのだろうか・・・
 
100.5話
孤立した雪乃を何とかしたかった。
だからクラスの女子に
「雪ノ下さんも 仲間に入れて欲しいんだ」と頼んだ。
それが逆効果だと気付かずに・・・
 
その後、雪乃から言われた。
「あなたの助けはいらない」
拒まれて、これで何も出来なくなった。
 
八幡が口にした共依存
これは誰かに言われた言葉だろう。
 
そして、それが誰なのか心当たりがあった。
確認すると大正解と彼女に言われた。
 
彼らはあれでよかったんだ。
そうやって少しずつ・・・
 
そんな紛い物じゃない
私が見たいのは“本物”だけ
 
そこから成長する想いだってあると俺は思うよ
 
ありえない
そうだったでしょ?
 
彼女は自身が大切にしてるものを、
もうこれ以上 傷つけられないようにと
先んじて自分を傷つける
そして傷つけた者は誰一人許さない
 
隼人は贖罪の機会を得る事が出来なかった。
だから彼に押し付けたのだ。
せめて、彼らだけはと。
 
ああ、心底妬ましい。
 
共になくてはならない存在で
一緒に地獄に落ちられたなら
そんなにも幸せな事はない
 
もしも俺がそれを手にしていたなら
きっと この歪な形に 一つの名前をつけられたのに
 
だから俺は今も悔いている
あの時、全力で助けていれば、そうすれば・・・
あなたは俺を許してくれましたか?
 
雪乃と隼人と陽乃の関係性が見えてきた気がしますね。
隼人はなんだかんだ言って、八幡に期待しているけど、
自分には出来ないから妬ましくもあるんだな。
その複雑な思いが、八幡への態度にも出ている気がします。