漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

ノラガミ (あだちとか) 93-2話

術師の攻撃は多彩。
人型だと思ったら獣型になるし、今度は棍に変化。
空にも何か展開している。
なんなんだ あれは
 
兆麻の考えを読み取ったかのように術師が答える。
(空に展開しているのは)善網
善の網と書く
 
移動した場所に人がいた。
戦いに巻き込むわけにはいないので、
夜卜は盾になるが・・・
 
見くびってくれるなよ
莠は善人を傷つけん!!
 
術師は構わず攻撃してきたが、
確かに無関係の人間には当たらなかった。
(その人の目の前にあった自動販売機は壊れたが)
 
確かに莠(雪音)の線引きは完璧に見える。
術師は夜卜を攻撃しながら続ける。
「莠は人々を救いながら人を捜しているんだ
自分を殺した・・・ 父親をな!」
 
雪音にも聞こえるように言う術師。
何とも性格が悪い。
 
夜卜は兆麻に声を掛ける。
「親父を灰にしてやれ!!」
 
夜卜の刀に炎を纏わせ、術師の攻撃を薙ぎ払う。
もちろん、術師も負けていない。
雪音を呼び、「捕らえろ」と命じる。
 
黒い触手のようなモノが空から伸びてきた。
夜卜はこれに捕まるのは不味いと思ったでしょう。
急いで下水道に逃げ込む。
 
何とか術師をまく事が出来たので一息付けたが、
そうなると兆麻は、さっきの夜卜と術師の会話が気になる。
 
姉とか父親とか あれって雪音の・・・
 
兆麻に尋ねられ、夜卜は兆麻を人の姿に戻し、
「その事は忘れろ、でないと勝てなくなる」と伝える。
 
螭器がいない今なら兆麻を無事に帰せるかもしれないんだ
毘沙門のところに!
あいつのことだけ考えてろ
いつもみたいにヴィーナヴィーナって
 
さすがに、ここまで言われると兆麻もムッとしていた。
言われなくても一番に想ってるよ!
それより その呼び方 やめてくれるか?
 
これは夜卜の狙い通り。
雪音の事を考えさせたくないために、
煽って気を逸らしたのだ。
 
その頃、恵比寿はタケミカヅチと共に舟の上。
櫓で漕いで進む小舟で、もちろんタケミカヅチが漕いでいました。
 
何処に向かっているのかというと、術師の出生の地。
先代の恵比寿が遺した唄に手掛かりが残っていると気付いたのだ。
 
先代がその土地を訪れていない事を不思議に思ったが、
さらに前の代の恵比寿が訪れていて、禁足地にしたようだ。
 
そこで何があったか わからないけど
もし そこが 術師の本拠地だったとしたら
神の秘め事が暴かれて全滅したとも考えられる
 
恵比寿の所は主も神器も死亡例が多い
面に喰われたと思っていたが、それだけではないようだ
 
先代は自分の指示に従っていたのか、
螭器の能力を知っていたからなのか定かではないが・・・
 
先代が黄泉には行ったのに、そこには行かなかったということは、
黄泉よりも危険な場所という事かもしれない。
 
でも今は危険を承知で行くしか無い。
恵比寿は一人でも行くつもりでいましたが、
タケミカヅチが名乗りを上げる。
 
オレもついていってやろうか?
おまえ骨がなくて 親に棄てられたくせに
存外 骨がある
 
ジョークはともかく、タケミカヅチならボディーガードにピッタリ。
彼なら神器なしでも何とかなる
 
そんなわけで、二人で中津国に下りて術師の出生地へ。
果たして、何が待つでしょうか。
 
そして隠れた夜卜を探す術師。
殺すと言っていたが、嘘なんだろ?と煽る。
 
術師は夜卜を探しているが、雪音は違った。
父親を捜しているのだ。
 
全然見つからない
まさか死んでいたりしないよな
誰かに召し上げられていたりなんかして
オレのことを忘れて
彼岸で のうのうと生きているわけじゃないよな
 
そんな事を考えていたら、
夜卜が姿を現わして術師を攻撃してきた。
 
でも雪音はそれどころじゃない。
父親の事で頭がいっぱいなのだ。
 
彼岸にいてもいい。
どんな形でも会って 思い出させてやる!
 
父親への想い(恨み)が強すぎたようだ。
暴走し始める雪音。
 
夜卜と術師が声を掛けるが・・・
うるさい邪魔だ
誰だ おまえら
オレは ハルだ!!
 
その頃、雪音の姉は弟からの手紙を手にしていた。
ずっと読む事が出来なかった手紙。
それを読む決意をしたようだ。
 
果たして、そこには何が書いてあるのでしょうか。

ましろのおと (羅川真里茂) Track.109

STCが奏でる「春暁」を聴く若菜。
聴きながら自分のこれまでの事を振り返っていましたね。
 
俺は梅子が作った仕事ば たんだこなしでだ
雪が青森ば出て三年半
どごさ身を置いでも 三味線ど向がい合い 腕ばあげでいぐ
雪は「春暁」ば作り上げたんだ
 
悔しさを滲ませる若菜。
嫉妬と言っても良いかもしれない。
 
このままじゃ まいね
俺のモチベーションは 雪ど同じ舞台に立づ事だ!!
雪と弾ぎてぇ!!
だども 雪の作った「春暁」さ 大人しく融合する気は無
 
雪の「春暁」を弾いたら、それは負けを認める事になるでしょう。
若菜は若菜の「春暁」を奏でなくてはいけない。
 
若菜に火が点きましたね。
まさに梅子の思惑通り。
 
「若菜が来るまで 燃え続げでるんだよぉ」
梅子に言われた言葉の意味を考える雪。
 
奏者としては、若菜の方が既に売れている。
対戦させたいのか? でもSTCは大会には出ない。
何より梅子は松吾郎の音が世に通じる事を証明したいだけ。
 
だから余計に梅子の言葉に混乱するのでしょう。
 
梅子の執念に身震いした時、ドアをノックする音がした。
舞と荒川だ。
明日の録音の話をしにきたようだ。
 
梶がいないが、マニさんと会っているそうだ。
梶とマニさんは付き合っているのかというと、そうではないらしい。
荒川曰く「梶がどう想おうと 姐さんに その気がなかけんね」
 
それなら何故、梶はマニさんに会うのか?
それは梶がマニさんの伴奏をしたいから。
 
マニさんは東ノ宮杯の優勝者で、
ここという時の専属伴奏者を欲しがっているらしい。
つまり需要と供給がマッチしたということか?
 
でもマニさんは雪の音に惚れている。
以前の大会で雪が伴奏したが、それが最高だったらしい。
 
梶はとんでもない人(音?)と比較されちゃうわけだなぁ・・・
そして、荒川の発言に舞も衝撃を受けていて笑った。
自分以外にも雪の音に惚れている人がいて、
しかもそれが女性なんだから、複雑な気持ちになるでしょう。
 
しかし雪としては、今は考えたくない事でしょう。
まずは明日の事だ。
 
それは「音色」の確認。
可能なら「春暁」に自分達の特徴を入れたいと荒川が雪に言う。
それを聞いて雪は笑みを浮かべながら了承する。
 
使われる「春暁」は 俺らで作ったSTCの「音色」だ
 
その頃の梶。
マニさんはSTCの大事な時期だと知っていたし、
梶が学業も大変だと知っているようだ。
 
夢に向かっている最中に学業もって大変ね
 
夢と言われて、梶は・・・
俺 唄付けが好きで マニさんの伴奏やりたい言うてましたやん
俺はいつでもマニさんと合わせてみたいと思てます
 
その割にはマニさんには伴奏合わせのお願いをしていないようだ。
その理由を訊かれ、梶は尻込みしている自分に気付く。
 
STCの皆は目標に向かって頑張っている。
それなら自分も・・・
 
マニさん!! 唄の練習の時
伴奏付き合わせて下さい!!
俺はマニさんの唄に惚れとります
 
ついに言ったー!
これを機に二人の距離がもっと近付くと良いね。
 
そして始まったSTC版「春暁」の録音。
録音前にそれぞれの特徴を出す為、アレンジを話し合う。
録音はメインである雪から
そして荒川、舞、梶の録音へと・・・
 
3人の音を聴いていて、
雪は「やっぱり「今」なんだな」と感じていた。
 
それは演奏している舞や荒川も同じ。
自分の特徴を出すタイミングが絶妙なのだ。
 
この前のライブの時より良い感じに仕上がっていた。
そしてバランスを取るのは梶の役目。
でも楽しくて仕方が無い。
 
以前、雪が音は自分がリードしたいと言ったとき、
荒川と衝突したことがあった。
でも、まさにその通りになった。
 
嬉しいなぁ
 
録音は一発OK。
コンサートの時より更に一体感が増した感じ。
梶は演奏が終わって涙汲んでいましたね。
感動していたのかな。
 
録音終了
こうしてデータはアレクセイの元に送られ・・・
映画も無事完成!!
 
ミニシアターだけど、公開に間に合ったようだ。
レストランで完成を祝うアレクセイとエマの元に
「本当に、ね~」と梅子が顔を出す。
 
二人は驚いたでしょうけど、
すぐに雪の母親だと気付いたようだ。
それに梅子は出資者。
 
出資者には完成記念に礼状を出しているので、
その礼状を受け取ったから、こうして様子を見に来たのだ。
 
それは「可愛い息子の演奏が使われるはんで」
 
春暁を聴いて頭を殴られたようだった
こんなにも映画に飢えていたとはね
 
アレクセイの答えに梅子は満足したのか、
完成を祝って豪華なスイーツを注文。
三人で仲良く食べていました。
自分も食うんかい!!

ジャンプスクエア 2021年5月号

憂国のモリアーティ」、「カワイスギクライシス」はそれぞれ別記事にしています。
ちなみに「ワールドトリガー」は休載。
 
総理倶楽部 (漫画/日丸屋秀和 コンテ構成/佐倉ケンイチ) 5話
今回は第4代内閣総理大臣松方正義のお話。
あらゆる逆境も努力の一点突破でコツコツ頑張って
見初められて総理になった不屈の人。
 
凄い人だけど、常連のはずの店で覚えて貰えないなど、
存在感は薄いかもしれない。
 
でも健康に気を付けている所とか、
見習うべき所も多々ある人でした。
 
この音とまれ! (アミュー) #101
百谷から聞かされる宇月のチカへの想いが本当なら、
宇月はチカにとって唯一の存在になりたかったのかもしれないな。
だからチカを嵌めて孤独にして、自分以外の者を遠ざけようとしたとか。
 
百谷は面倒な事が嫌で逃げようとしたが、
由永が許さなかった。
 
そうなんだよね。
逃げても何も解決しない。
 
でも、こんな心理状態で演奏しても、
良い結果が出るわけがありませんが・・・
 
早く何とかしないとー
 
そして宇月がチカに会いに来た。
チカが大好きだから、我慢出来なくなったのかな。
しかし歪んだ愛情だけに、ここからの展開が怖い。
 
青の祓魔師 加藤和恵) 129話
ついにサタンが完全体となってしまった。
結局、こうするしかなかったのか。
 
でも雪男が誘惑に負けて目を開けたのだとは思いたくない。
何か考えがある・・・はず。
信じているぞ、雪男!!
 
ここからしばらく鬱展開なのかな。
嫌だなー
 
夢美センパイは夢見がち。 (依光涼太) 特別読み切り
両想いなんだけど、素直に気持ちを打ち明けられない二人。
先輩なのに子供っぽくて、危なっかしいし、
放っておけない感じが出ていて良い感じだった。
 
絵も良いし、これは良い作品でした。
 
終わりのセラフ (原作/鏡貴也 漫画/山本ヤマト コンテ構成/降矢大輔) 百一話
カエラは大ピンチ。
ツラい思い出を逆手に取られ、体を乗っ取られてしまった。
 
このままでは大好きな家族を殺してしまう。
優一郎に助けを求めるミカエラ
 
その声が優一郎に届いた。
グレン達は判断しかねていましたが、
罠でも何でも、仲間がピンチなら助ける。
それがグレン隊の方針だ。
 
だからミカエラも助ける。
でも優一郎も仲間なのだから、自分も大事にしないといけない。
 
優一郎に声を掛けるシノアが良かった。
「優さんがいなくなったら あの 私 その・・・ あー
な 泣いちゃいますからねっ!」
実に可愛い。
 
こうして魔法陣を利用してミカエラの元へ飛ぶ優一郎。
何とか間に合ってくれ!!
 
それにしても味方だと思っていた阿修羅丸が、
優一郎を裏切る行為をするとはなぁ・・・
ガッカリだ。
 
双星の陰陽師 助野嘉昭) 九十二話
巨大ロボットを起動させるには、相当な負荷が掛かるのは分かるが、
こんな非人道的なやり方でロボットを動かし、それで人類を救ったとしても
何だかなぁ・・・と思ってしまう。
(まあ、鵜宮や天若も似たようなもんか)
 
それはともかく、色々と取り戻したコーデリアは、
コーデリアとしてではなく露子として照算を護る!!
ここからは露子のターン!!(であって欲しい)
 
Thisコミュニケーション (六内円栄) 13話
忘れがちだけど、デルウハはとてもゲスな男。
それを思い出させてくれた今回。
 
自分が生き残る為だけに仲間を殺すのだから、
もう救いようが無い。
でもデルウハが死ぬのは構わないが、
ハントレスが途方に暮れちゃうからなぁ・・・
 
オスカーはイペリットだけど、人を喰わないなら、
これからはオスカーが指揮を執るというのはどうだろう?
・・・・いや、無茶な話か。