漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

俺のキスで世界が変わるなら (紺條夏生) 9話 【隔月連載】

水神はともかく、土田も良い身体をしていた。
男として負けた気分になった蜂谷は筋トレを実施。
 
そして酔っていたとは言え、土田と何と言うことを・・・
思い返して身もだえる蜂谷。
 
そんな時に水神から電話。
筋トレ中だったので息が荒い蜂谷に、なんかエッチだねと言う水神。
「蜂谷君のカラダ見てみたいな」
 
イケボでそんな風に言われて、ゾクッとする蜂谷。
貧相だから見せられませんと返すが、水神のイケボ攻撃は続く。
蜂谷のパンツが見たいとか、もう困ったものである。
 
突然の電話の訳を訊くと、
イベント本番前だけどテンションが上がらないから
蜂谷の声を聞けば上がるかなと思って電話したようだ。
 
顔が見たいと言われ、ビデオ通話にすると、
水神はシャワーを浴びたばかりで・・・
思わず蜂谷は「エロッ!!」と思ったようだ。
 
水神相手にも、そういう感情が湧いている蜂谷。
もうすっかり開拓されてしまった?
 
蜂谷は筋トレ中だったこともあって眼鏡をしていなかったが、
高校時代は眼鏡をしていなかったので、
水神はその頃の蜂谷を思い出したようだ。
 
バレー部で練習していた蜂谷を演劇部の練習中に見ていた水神。
舞台から見える蜂谷は可愛かった
 
ずっと見ていた。
その水神の想いが、蜂谷には少し重かったでしょう。
それは土田と、あんな事があったから・・・
 
土田との事を正直に言うべきだと思ったが、
本番前に言うのはさすがに控えるべき。
こういう話はちゃんと会って話さないと・・・
 
そろそろ電話を切るのかと思ったが、
ここで蜂谷が水神に予想外の質問をする。
「おまえって乳首NGなの?」
 
どうやら写真集を見ていて、
一枚も乳首を出していなかったので気になったようだ。
 
水神はそう言われて変な期待をしたかもしれないが、
蜂谷の所でフォトブックを出す為に下調べをしていただけで、
そこには他の感情はないようだ。
 
仕事かーとガックリする水神。
でも、次に蜂谷が水神の写真集を見る時は、ちょっと違うかも。
 
今度はちゃんと具体的な打ち合わせを・・・と蜂谷が言うので、
水神は「蜂谷君が望むなら 俺 裸にだってなるよ?」
そう言いながら、蜂谷に身体を見せていた。
 
それを見て、蜂谷は水神に抱かれる感覚がリアルに迫ってきた
土田と寝たせいだ。
 
無反応の蜂谷に水神は心配になっていたが、
蜂谷の「眼鏡かけときゃよかった・・・」という言葉を
聞き逃さなかったでしょう。
蜂谷の心の扉を開くことが出来そうと思ったかも。
 
この前の公演の後、ご褒美をもらったけど、
本当はキスがしたかった
 
水神にそう言われて、思わず「俺も」と言いそうになった。
でも今は仕事の事だけ考えたいと宣言したのだ。
付き合わない・・・付き合えない。
 
ここで蜂谷は気付いた。
ゲイの世界でキスはとても重い意味がある。
 
軽い気持ちでキスをしていた自分とは全く違う。
真っ直ぐな気持ちで自分を見つめる二人。
 
キスがしたいと言われても大丈夫と伝えると、
安心して笑顔を見せる水神。
 
蜂谷が嫌がる事は絶対しないと誓ったから、
嫌われるかと思ったと言うので、
「別に嫌じゃない」と蜂谷は伝える。
 
チャラかったし、男とキスした事もあると言うと、
水神は自分もしたいと言う。
蜂谷君がキスしてくれたら、今夜のイベント頑張れる気がするから
 
それは画面越しのキス。
中学生みたいな真似・・・でもなんだか甘酸っぱい雰囲気。
「直じゃないからいいか」
 
しかし、直前で邪魔が入った。
イベント開始の時間だ。
 
未遂に終わったものの、水神のテンションは爆上げ。
そして蜂谷のテンションも・・・
 
ヤバい、興奮が収まらない。
何とか女性との行為を思い出して抜こうとするが、上手くいかない。
結局、土田で抜くという・・・
 
水神にときめいて、土田で抜くって・・・
ヤバいだろ?俺
こんなどっちつかずで 何もかも宙ぶらりんで
あの二人に本気で向き合える男なのか? 俺は・・・
 
だいたい幻想抱きすぎなんだ
実情を知ったら きっと幻滅して・・・
離れていくかもなぁ・・・
 
ちなみに水神は上がったテンションのままイベントへ。
今夜は・・・皆さんに お伝えしたいことがあります・・・
「いちごが大好きだぁぁぁぁッッ」
大阪の中心で愛を叫んでいました。
 
ファンは何を言っているんだ?と思ったでしょうね。
まあ、蜂谷や彼の部下は皆 本当の意味が分かっていますが。
 
イベントのレポ漫画で水神の愛の告白を知った蜂谷。
さすがに目眩がしたようだ。
 
土田と水神。
二人の強烈な想いに蜂谷は・・・
 
蜂谷の選択が気になりますね。

悪役令嬢転生おじさん (上山道郎) 14話

来週に迫った魔法模範演習に備え、
アンナと魔法の練習を重ねるグレイス。
 
グレイスが火魔法を唱えて、火球を発生させ、
そこにアンナが風魔法を唱えて、旋風を重ねる。
合体魔法・火炎旋風!!
 
それは凄い威力の魔法。
二人の相性は抜群だ。
 
練習を終えてアンナと別れ、一人になったグレイス。
自分のビースト・オリオンについて考えた。
 
何故か火と水の属性を使える龍。
そんな龍は他にいない。
それに時折グレイスに何かを訴えかけるような動きをする。
オリオンは何を伝えたいのだろうか・・・
 
実は娘がオリオンを操作しているなんて、
憲三郎は思いも寄らないでしょうね。
 
日菜子は何とか自分が見ている事を伝えたいが、
今できる事はオリオンの属性を切り替えることくらい。
これでどうしろと・・・
 
そんな時、グレイスの前に3人の女生徒が現れる。
日菜子はすぐに、本来のシナリオでは
グレイスの取り巻きをしているモブ令嬢と気付いたが、
憲三郎が転生した世界では全く影が薄かった。
そんな彼女達がグレイスの前に現れた訳は・・・
 
公爵令嬢たるグレイスが
平民の娘であるアンナを重用するのは如何なものかと
皆が噂をしていると伝えに来たのだ。
 
皆が噂・・・ 自分達がその噂を流しているだけなのに、
そういう事にして保身を図る所が嫌ですね。
 
怒った日菜子はオリオンを操作して火を吹かせるが、
グレイスがオリオンをなだめて、取り巻き令嬢達に伝える。
 
私達貴族は その言動 全てに家の名を背負っている
だから迂闊な事を言うと
「あの家の娘は出所も確かならぬ 噂話で
人を惑わそうとする」などという評判が
社交界に流れることにもなりかねない
 
見事な牽制!!
さすがに取り巻き令嬢達も これ以上、話す事は出来ない。
 
そして生徒会室でグレイスは新しくした魔法杖を皆に説明。
扇の骨と魔法杖を一体化した・・・名付けて魔法杖扇!
 
杖と扇両方を持ち歩くのは大変。
だから職人に頼んで改造してもらったのだ。

魔法のアイテムの改造というのは、他の生徒の刺激になっていた。
男子なら本に杖を仕込んで、
本を開くと そこに書かれた魔法陣が展開するとか・・・
 
それは・・・ たしかに かっこいい・・・・!!
ランベールが触発されて、グレイスに職人を紹介して貰う事に。
 
それにしても1年生の1学期に
魔法模範演習に出場するグレイスとアンナは相当凄い。
グレイスはたまたまビーストが稀な存在だったからかもしれないが、
そのパートナーに選ばれたアンナは実力があったから。
 
そう指摘されて謙遜するアンナだが、
ランベールは素直にアンナこそグレイスのパートナーに相応しいと言う。
もちろん、そこで期待外れなパフォーマンスを見せたら、
次は自分がサポート役を務めるとも言っていましたけどね。
 
良い感じのライバル関係。
ランベールみたいな者ばかりなら良いのですが、問題は取り巻き令嬢達。
今度はアンナに直接 言いに行きました。
 
悪いことは言いませんわ
アンナ・ドールさん グレイス様のサポート役・・・辞退なさいませ!
 
取り巻き令嬢達は、グレイスが迷惑していると大嘘を吐く。
グレイスは優しいから直接言わないけど、
平民の娘につきまとわれて迷惑していると言うのだ。
 
しかしアンナは負けなかった。
両親はパン屋を営んでいて、沢山の人との付き合いがある。
その両親に言われていた事を令嬢達に伝えた。
 
「あなたのことを悪く言う人がいる」と告げ口してくる人がいたら・・・
その人とは距離を取りなさい
その人はきっと 別の人の前では あなたのことを悪く言う人だから・・・!!
 
そう言われて、ドキッとする令嬢達。
アンナはそういう両親に育てられたから、こんな良い子になったんだな。
 
そしてアンナはグレイスに本心を確かめに行くと言う。
令嬢達は嘘がばれてしまうので、慌てたでしょうね。
 
もし本当にグレイスが迷惑しているなら、
アンナはこの学園に居られなくなりますよ?と脅すが、
それでもアンナは止まらない。
 
もし本当に迷惑しているなら、
学園を去って二度とグレイスの前には現わさないと言う。
 
だけど・・・
私の一番大切なものは・・・
グレイス様への尊敬と感謝の気持ちは!
一欠片だって失われたりしません!!
 
影で聞いていたグレイス(憲三郎)は、感動してアンナの前に。
慌てたのは令嬢達でしょう。
 
ここでグレイスが令嬢達を叱責するのかと思ったが、
何と涙を流して頭を下げる。
 
先ほどの曖昧な物言いが あらぬ誤解をさせてしまったと謝罪したのだ。
 
ここで令嬢達を怒ってもアンナへの禍根は残ってしまう。
自分の落ち度として場を収める。
 
モニター越しに見ていた日菜子は、
これがお父さんの社会人スキル!と感心していました。
(泣いているのはアンナの言葉に感動してのことだけど)
 
この学園の生徒は身分に関わりなく誰もが一生徒であり
互いを高め合う同志である・・・
それが学園の意義であると考えますわ
 
そして取り巻き令嬢達3人の名前を呼び、
これからも学園の仲間として・・・
仲良くしていただけると嬉しいですわと締める。
 
お美事!!
これで彼女達もアンナの事を悪く言うことはないでしょう。
 
ちなみに次号は単行本作業のために休載。
いよいよ2巻が8月2日発売です。

別冊少年チャンピオン 2021年7月号

弱虫ペダル SPARE BIKE」、「夢見が丘ワンダーランド」、
ダーウィンズゲーム」はそれぞれ別記事にしています。
 
ちなみに「AIの遺電子 Blue Age」、「フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス」は休載。
 
TEAM PHOENIX (原作/手塚治虫 脚本・作画/ケニー・ルイス) 2話
反逆を始めたサファイア
写楽やレオという仲間と共に人類の解放を目指すが、敵は強大。
ファイアという少女に助けられ、行動を共にするが、
どうやら彼女はサファイア達のような者を待っていたようだ。
 
サファイア達が連れて行かれた場所は・・・
これが逆転の一手になるのでしょうか。
 
仇夢と威舞 米原秀幸) 読み切り 
ウィルスのせいで滅茶苦茶になった世界。
そんな世界でも助け合えない人間達は成敗すべし。
 
絶望的な世界でも、救いはきっとある。
そう信じて一生懸命生きていく事が大切かもしれない。
 
潮が舞い子が舞い 阿部共実) 50話
お金はなくても友達がいれば楽しめる。
薫る風 友を纏いて 地を流れ
桔梗の空へ 潮と舞いて
 
一万田の一句は見事でしたね。
一句詠んで恥ずかしがる百々瀨も良かったけど。
そして勢いだけの五十嵐も良い。
 
ページは少なかったが、
三人の女子の魅力が詰まったエピソードでした。
 
クワトロバッテリー 高嶋栄充) 20話 
まさに圧倒。
紆余曲折があったから、
余計にバッテリーとしての完成度が上がったのかもしれないな。
 
天宮のライバルは一汰だけ!
今は影が薄いかもしれないが、
やはり一汰が主人公だなと思わせる天宮の投球でした。
 
Lost Children 隅山巴文) 14話
ルールとは言え、それを破ったら「死」が待っているとか、
アルマもあまり良い社会を築いているとは言えない気もする。
 
そもそもモリト(アルマの警護をする者)の消息も気になる所。
傭兵なんじゃないだろうか。

RED DATA PLANET (原作/藤沢とおる 作画/伊臣麿) 12話
頭では偽者と分かっていても、見た目が大切な人のせいで
攻撃する手が緩んでしまう。
 
しかも幾らでも用意出来る。
星が負傷し、戦力ダウンしているので
モニカが来てくれなかったら危なかったでしょう。
 
今のところ、偽者と分かる者ばかりだから良いが、
本物とごっちゃになったらヤバい。
まだまだ危機は続きそうだ。
 
普通な俺の下僕ライフ (野上由愛) 読み切り
お嬢様が強引すぎて最初は好感度が低かったが、
かなりのポンコツだったのと、意外と母親が理解ある人で、
読後は割と良い感じだった。
 
今後の活躍に期待しています。
 
永遠の陽射しの屍 森田将文) 14徊
ひばりの最期を三倉から聞いた仁悟。
あのメッセージは三倉が大切だからこそ書かれたモノだったのだ。
 
こうして和解した二人。
あとはゆゆの事。
 
暴走した陽射しのゾンビ達が三倉を襲ったが、
ここで大切な人を次々と失う事で自棄になったゆゆがキレた。
 
まさかゆゆにはゾンビの魂を奪う能力があったとは。
これで三倉は危機を回避できたが、
ゆゆも限界を超えていたので危なかった。
 
このままではゆゆは自爆してしまう。
果たして三倉はゆゆを救えるのか?
 
いよいよ次号、最終回!
 
マウントセレブ金田さん ニャロメロン) 53話
金田さんはセレブなので、一般的な水着は着けない。
水を纏うという変わった水着だ。
 
しかし装置(ペンダント)の出力を間違えたせいで、
入水した瞬間に身体全体を海水が纏う。
このままでは金田さんは溺死だ。
 
・・・水着で溺死って、世界初じゃね?
 
まあ、自分で出力を下げて溺死は回避しましたけどね。
代わりに出力を下げすぎて、水着が無くなりましたけど。(つまり全裸)
 
プライベートビーチなんだから、
ヌーディストビーチにしちゃえば良いよねー