漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

漫画アクション 2022年3号

達人伝」、「令和 優駿たちの蹄跡」は休載です。

 

スーパー・バッド・ファーザー犬伏(青井たつや) 十一話

杏の友人・蟹江さんが遊びに来ましたが、入れ墨をしている京太郎を見てビビらないわけが無かった。

でも東京に憧れを抱く蟹江さんは、東京に10年住んでいたという京太郎を尊敬。

これはいけると思ったのか、京太郎は嘘ばかり吐いて蟹江さんを喜ばせていました。

 

それが杏には気にくわなかったのでしょうね。

京太郎に強烈な蹴りを入れていました。

 

でも、こうやって環状をぶつけるのは珍しいですよね。

ちょっと距離が近付いたかも。

 

いとなみいとなめず (水瀬マユ) episode 53 【月イチ連載】

清と幼馴染みの梓月は、澄が知らない思い出を語ってはマウントをとってくる。

澄はそれを寂しそうに聞いていましたが、ここは考え方を変えるべきですよね。

思い出話に乗っかって、そうなんだーとか、これまで知らなかった事を知る事が出来て喜ぶべきだったと思う。

そして教えてくれてありがとうと梓月に言えれば・・・

まあ、そんな子じゃ無いわな。

 

チボンカブリ (北岡朋) 4話

このまま訳が分からないまま化け物と対峙するのかと思ったが、色々と知っている集団もいるようだ。

しかし化け物は空にもいた。

空からの強襲で何人か犠牲者が出そうだ。

 

きみは謎解きのマシェリ (糸なつみ) CASE 10 【月イチ連載】

父親には裏表があるのかと思ったが、そうでもなさそうですね。

兄は父親の仕事を継ぎたくないのかな。

海外に行っている間にやりたい事が見つかったとか。

でも朔も継ぎたくないだろうしなぁ・・・

 

レイラの保護者はバンドマン! (灰音アサナ) 1話 2話

保育園児のレイラの保護者は、有名なビジュアル系バンドのボーカルだった!

その影響でレイラの趣味はちょっと偏っているが、性格の良い子なので問題はなさそうだ。

園長がそのバンドの大ファンだし、孤立する事もないでしょう。

 

可愛い絵でテンポも良く、なかなか好印象のギャグ漫画(?)です。

 

金曜日の船 (吉田了) 特別読み切り

歳を重ねてくと、周囲に少年漫画誌を読む者がいなくなっていく。

まだ読んでいるの?となんて言われると、人前で読むのも憚れるようになる。

そんな時に、同じような思いを抱く人と出会うと嬉しくなる。

幾つになっても好きなものは好き。

これからもガンガン漫画を読んでいこう!

そんな勇気をもらえる内容でした。

 

ひかるイン・ザ・ライト (松田舞) 16話

蘭はあまり説明するのが得意では無かったが、それでも何とか伝える事が出来た。

これは彼女の自信になったでしょう。

WINDチームも団結力が強そうだ。

 

エイジング ~80歳以上の若者が暮らす島~ 友野ヒロ) 37話

橋爪の暴虐ぶりは目に余るモノがあるようで、徐々に反感を持つ者が増えてきた。

つまり瀧朗の味方が増えてきたと言える。

これは追い風ですよね。

逆襲の時は近付いている。

 

終のひと (清水俊) 27話

宗助の過去が気になった孝太郎。

喧嘩に強く、度胸があった。

反社の人?と思うのも無理は無かったが、実際は真逆だった。

まさかの元刑事。

何があって葬儀屋になったのでしょうね。

 

みつば君はあにヨメさんと。 (イトカツ) 33話

一緒に中田島砂丘に初日の出を観に行ったが、ここでみつばは決意したようだ。

春になったら東京に帰る。

日菜子はショックだろうなー

でも最後にはみつばの意志を尊重するでしょう。

あなたがしてくれなくても(ハルノ晴) 61話

法事の最中、誠は子供の頃の母とのやり取りを思い出していた。

家の事を全くやらない父のことを母に言うと、「お父さんは外で働いて お母さんは家を守る そうすることで家庭が上手くいくの」

 

もし上手くいかなかったら お父さんとお母さんが別々に暮らす事になるのよ

そんなことになったら世間様に顔が立たないでしょう?

 

もちろん誠や自分の両親を悲しませる事になるとも言ったが、真っ先に出たのが世間様という所に誠は引っかかったのでしょう。

そんな事を思い出していたら、誠が焼香をする番になっていた。

慌ててしまったせいで焼香の作法を忘れてしまった。

 

あとで義母に謝ったが、そんなのいいのよと言われる。

作法より気持ちの方が大事なんだから

手を合わせてくれてありがとう

 

“気持ち” そう言われて誠は思う所があった。

俺・・・どこかで 夫婦はこうあるべきだって無意識に思い込んでいたのかもしれない

最初はシンプルに楓が好きで一緒にいたくて結婚した

でも 今は・・・?

楓のこと どう思っている・・・?

 

ここで誠は腑に落ちた

ああ そうか・・・

あの時 楓を追い掛けられなかったのは 多分――

 

ここで楓の歩く速度が遅い事に気が付いた。

靴擦れを起こして足が痛いのだ。

前も痛いって言ってなかった? スリッパでよければあるけど・・・

格好・・・悪いかな?

 

こうして気に掛けてくれた事が楓は嬉しかったのでしょう。

痛いはずなのに楓の表情が和らいでいた。

誠はそれが意外で なんで そんな顔・・・と思っていたが、その時 楓が口を開いた。

 

・・・誠 今まで ごめんなさい

これには誠も驚いていた。

楓は自分の浮気に怒っているのだと思っていたのに、まさか楓の方から謝罪されるとは思ってもいなかったでしょう。

楓は続ける。

 

私 誠に裏切られたって そればかりだった

でも・・・ そもそもは そうなってしまったのは

私が誠に甘えて誠を拒み続けたからだよね

私・・・ レスのこと 軽く見ていたんだと思う

正直 “たかが”って思っていた

その裏で誠がどんなに傷ついていたか わかってなかった

 

みちの言葉は楓に深く刺さっていたのですね。

ここまで気持ちに変化が現れるとは!

 

本当に・・・ ごめんなさい

・・・私 誠を失いたくない・・・!

 

これまでの誠は、楓から拒まれ続け、俺なんかいなくていいんだと思っていた。

本当は男として必要とされる自信が欲しかった。

 

もう一度だけチャンスが欲しい・・・

誠の愛が戻るのを待たせて

変わった私を見て・・・

私・・・ 家に帰ってもいい?

 

楓はその場しのぎで言っているのではないでしょう。

真摯な気持ちをぶつけられた誠。

果たして誠の答えは?

 

そしてみちと陽一。

子供のこと 自分達のことで陽一に話があるという みち。

そう言われて陽一も子供のことで みちに話があると言う

 

あれから色々考えたんだけど・・・ いいよ

何が?

子供 作ってもいいよ

 

陽一としては精一杯の言葉でしょう。

これで みちは喜んでくれる そう思ったでしょう。

 

しかし みちの反応は薄かった。

「作ってもいい」なんて言われて 私が喜ぶと思った?

え・・・?

思ってたんだよね・・・ だから そんな言葉が出るんだよね

私はもう その場しのぎの言葉も 妥協もいらない

だってこのまま子供を作っても きっと・・・ また違う事で傷つく

(子供はみちが欲しかったんだからと、世話はみちに任せっきりにするだろう)

 

私・・・ これ以上 自分をすり減らしながら 生きたくない

 

陽一はみちの言葉を解釈できずにいた。

それ・・・ どういう意味?

みちは痛む心に耐えながら、言葉を続けた。

 

今までどんなに傷ついても 傷を繕いながらやってきた

それは・・・ 陽ちゃんへの愛情があったから

でも今はそれが 私の中から無くなっちゃった・・・

だからもう一緒にいられない

 

私と離婚してください

 

ついに決意していた事を伝えましたね。

果たして陽一の反応は・・・

 

 

ちなみに次号は休載。

次回62話は2022年2月15日頃掲載予定です。