漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

蒼き鋼のアルペジオ (Ark Performance) 特別編 アドミラリティー・コードを探せ!!

本編はお休み。
今回はクライマックスを迎えようとしている
「アドミラリティー・コードを探せ!!」をザックリ振り返っていました。
 
時はコンゴウと401の最終局面
解き放たれた千早群像「マツシマ」の超重力砲!
その一撃はミョウコウ姉妹の次女ナチを直撃!
ナチはその後、行方知れずの身に。
 
401に囚われていたアシガラとハグロは用済みとなり強制射出。
晴れて自由の身となりました。
 
硫黄島でのアシガラとハグロの事はノベライズにて!
 
そして硫黄島からハシラジマに帰還したアシガラとハグロ。
自分達の苦労話は本編で語られない事に激怒したものの、
ミョウコウからナチを探そうと思うと言われ、ひとまず溜飲を下げたアシガラ。
 
ナチを探すには艦の復活が必須。
チョウカイにプロ土下座をしてお願いするが、
チョウカイは条件として撃沈倶楽部への入部を突き付けられる。
 
当初、アシガラは激しく抵抗したが、ナチより先に入部することで
マウントを取れると思い、あっさり入部。(器の小ささに苦笑)
 
ナチを捜索するために、まずは401に接触
ナチ戦の詳細な戦闘ログを要求するも、最初はあっさり拒まれる。
 
ここでミョウコウがナノマテリアルとタナトニウムを提供すると提案。
これにダメージ回復の為と401は渋々承諾。
 
戦闘ログや音響データの三次元解析
ヒュウガへの紹介状を受領し、意気揚々の姉妹達。
 
そしてナチは、とある島に流れ着いていた。
かろうじてコアは無事だったものの、
あまりの衝撃の為に記憶喪失に。
 
しかしナチは島民に優しくされ穏やかに暮らすのでした。
 
ヒュウガに接触したアシガラとハグロ。
当初は難色を示したヒュウガでしたが・・・

ナチを探すことで索敵範囲を拡大できる。
つまり拡大することで索敵密度は薄くなる。
401に有利。
イオナとラブラブ!(・・・いや、それはどうかなー)
 
しかしメンタルモデルって、
ここまで打算的な行動が出来るのですねぇ。
もう人間と変わらないな。
 
こうしてヒュウガはナチ捜索を快諾。
硫黄島の取り持つ縁と硫黄島同盟」を結成。
 
ヒュウガに言いくるめられたアシガラとハグロは、
硫黄島を同盟の基地にすべく、ナチを忘れて
アカシ隊員をなかば拉致して出発。
 
硫黄島に再上陸したが、そこはマザーロボが支配する島となっており、
マザーロボに接近する為にアシガラは
ヒュウガから賜りし秘策・白旗スティックを掲げるが、
ロボに話は全く通じなかった。
 
結局、ロボと激しい戦いとなり、
アシガラ達は壊したロボを作り直し、自分達の手足としていく。
気が付けばロボ500体の旅団を形成。
 
勢いに乗って、硫黄島を制圧していくが、
その中にあられもない姿でロボ達を従えるナチの姿を見る。
 
ナチは島で静かに暮らしていたが、見合い話を持ちかけられ、
海に身投げしていたのだ。(そして硫黄島に流れ着いたのね)
 
イカヅチがナチの姿を認め、ミョウコウに連絡していたのだが、
一歩遅く、ナチは海に身投げしていたのだった。
 
イカヅチは行き倒れ作戦でナチ側に潜入。
ナチに介抱されるイカヅチですが、
その時、謎の者が現れる。
 
以前、硫黄島を支配していたイオナの話。
ラブラブヘンターイな言葉がナチの奥底に眠った記憶と共鳴し
ナチを苦しめます。
 
その後、イカヅチからの報告で
マザーロボの位置を確認したアシガラ達。
ロボ達を囮にし、姉妹のみの少数精鋭で別ルートから侵入。
ナチに接触を図ります。
 
その時に謎の植物クリーチャーと戦っていますが、
その辺はノベライズにて!
 
そしてマヤが何故か401を引き連れて参戦。
ミョウコウはマヤに基地への艦砲射撃を要請。
ついにミョウコウも硫黄島に突入だ。
 
ミョウコウはイカヅチを介抱中のナチと遭遇しましたが、
ナチは「この島はロボさんのもの 何故こんなことをするのか」
ミョウコウに問い質していた。
 
口論の末、ミョウコウはナチのメンタルモデル形成因子の全てを停止。
ついにナチは軍門に下るのでした。
 
ナチを確保し、島の占領も目前となりましたが、
ここで地下よりマザーロボが出現。
その巨大な姿にアシガラ達は驚愕するのでした。
 
果たして、太刀打ち出来るのか!?
 
マザー!
これは強烈なバブビームだ。
しかし、マヤは取って置きの装置を持っていた。
 
バブビーム発生装置をコピーしていたのだ。
バブビームにはバブビーム!
 
しかしマザーロボがイオナに似ている為、
ヒュウガはマザーロボの応援を始める。
どちらも負けるな!?
 
いや、このままでは全てが光に包まれてしまうぞ。
・・・と思ったら、ビームが消えていました。
 
ロボとマヤは何故か日本の方を向いていた。
マヤが叫んだ
アドミラちゃんの匂いだ!
 
え?
いよいよクライマックス(か?)

特別編はミョウコウ型が大活躍なんだなぁ・・・