漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

もののがたり(オニグンソウ) 八十一話

唐傘と互角に戦えている。

そう見えていた。 しかし錯覚だった。

 

常世の穢れを現世に放つなど

まさに神の御業でなければ成し得ない

どちらの世界にも縁を持つ現世神の御業でなければ

 

そして唐傘は天恵として 権能の一部を授かっている

彼らは神の代行者に格上げされたのだ

勝ち目は潰えた・・・

 

婚礼調度達だけではない、菫と紅緋も、白百合も、

そして兵馬も例外では無い。

とにかく兵馬には数で押してくる。

 

体力が嫌でも削られ、しかも次の相手は師範クラス。

こんな所で時間を割いている場合ではないのに・・・

 

大樹も苦戦中。

塵外が相手ですからね。

 

どのみち大樹に残された時間は、あまり長くない。

それなら不確定要素があっても切り札を使うべき。

そう決意した大樹だったが、目の前に更なる強敵が現れた。

 

椿だ。

本当に椿まで取り込まれてしまったのか・・・

このままでは、どう逆転するのか分らない。

椿は操られているフリをしているとでも言ってくれよー