漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

ジャンプスクエア 2021年11月号

憂国のモリアーティ」、「カワイスギクライシス」はそれぞれ別記事にしています。

ちなみに「ワールドトリガー」は作者体調不良のため休載。

 

ショーハショーテン (原作/浅倉秋成 漫画/小畑健) 1話

お笑いの頂点を目指す高校生2人組の話。

二人共、頂点を目指す理由があり、背景がしっかりしているのが好感持てます。

まあ、漫画でお笑いを描写するのが上手くいくのか気になるところではありますが。

 

営繕かるかや怪異譚 (原作/小野不由美 漫画/加藤和恵) 2話

天井裏に誰かいる。祖母の錯覚かと思ったが、子供まで「いる」と言えば、それはもう・・・

天井を取り払ったのに、そこに何か居るのだから堪らなかった。

 

河童の祟りだったのだろうけど、ハッキリさせない所が逆に良いですね。

「何か」は考えない。何も起きなければ、それで良い。

主人公の出番は少なかったが、メインは主人公の活躍ではないから、これはこれで面白かった。

 

この音とまれ! (アミュー) #106

久遠のことが大っっ好きだから!!!

さとわがはっきり言った! 彼女の強さに心が震えた。

愛を抱き締め、ずっと幸せでいて欲しいなんて、なかなか言えないよ。

そして愛は祖父に言われたことを思い出していた。

すぐに自分を粗末に扱う愛に、幸せになれと言ってくれていた。

もう愛は迷わない。 掴んだ手を離さないでしょう。

そして哲生達が間に合った! もう宇月のターンは無い。

 

終わりのセラフ (原作/鏡貴也 漫画/山本ヤマト コンテ構成/降矢大輔) 百七話

真祖の力は絶大。

リーグやウルドだけでは敵わなかっただろう。

しかし真祖の手駒であった鬼を味方に付けて、全員でかかれば・・・

真祖の言葉で徐々に余裕が無くなっていく感じが分かって面白かった。

しかもミカエラが優一郎の鬼に。 これは強い。

真祖討伐なるか!? ・・・リーグの目的通りなのだろうか。

 

双星の陰陽師 助野嘉昭) 九十九話

ケガレを祓いまくったのに、その姿がケガレそのもので、紅緒は島の人間から罵倒を浴びてしまった。

大切な人を失った怒りをぶつけているのだろうな。

彼らが生存できたのは紅緒やろくろのおかげなのに・・・

そしてケガレと共に去って行く紅緒。

 

何これ?

ツラすぎる展開なんですけど!!

 

Thisコミュニケーション (六内円栄) 19話

ハントレス全員にバレた。 しかしよみはデルウハを選んだ。

それは全滅しないための苦汁の選択だったのだろう。

デルウハの自己中な所は許せないが、彼抜きでは生き延びられない。

何とも歯がゆい。

しかし驚いたのはナナが復活した事。

生き返るのに時間がかかる子なのか?

彼女は特殊で記憶をリセット出来ない子なのかもしれない。

もしそうならデルウハは・・・・?

 

キャラメルミルフィー (くろは) 読み切り

同級生に憧れているアイドルがいたら?

揺れ動く普通の女子高生の描写が良いです。

相変わらず女の子同士の友情話を描くのが好きですねー

今回はギャグなしでしたが、なかなか面白かったです。