漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

月刊少年マガジン 2021年11月号

ましろのおと」、「ボールルームへようこそ」、「ノラガミ」はそれぞれ別記事にしています。

ちなみに「双穹の支配者 この世の半分を支配する!ハズレチートで異世界を救え!!」、「鉄拳チンミ Legends」は休載です。

 

すだちの魔王城 (森下真) 1話

アイテム屋を営んでいた主人公のムラビトが死んだはずの魔王(今は元魔王)を2度に渡って助けたことで気に入られ、魔王に任命されると言う展開。

絵は良いのだけど、展開がちょっと怠かった。

 

2話はもう少しテンポ良くなると良いなぁ。

 

陸奥圓明流異界伝 修羅の紋 ムツさんはチョー強い?! (原作/川原正敏 漫画/甲斐とうしろう) 十一話

すっかり回復したことだし、紋を消せるという女神の元へ向かおうとしたが、その前に襲撃者あり。

たいしたことないと思っていたが、実は結構強いようだ。

まあムツさんなら勝つでしょうけど。

 

め組の大吾 救国のオレンジ 曽田正人) 十一話

確認だけと言われたが、目の前に助けなくてはいけない人がいたら、命令無視と言われようが助けるのが大吾たちですね。

あとで怒られようが、今の行動を後悔はしないでしょう。

 

ちなみに次号休載。

 

愚者の星 遠藤浩輝) 27話

「黒い糸」が素直に従うとは思っていなかったのでしょうね。

彼が繰り出す強力な糸の対策をしっかり施していたとは。

誰一人犠牲者を出さずに確保できたのは大きいが、問題はここから。

救命艇が被弾してしまった。

脱出不可能なのか?

 

龍狼伝 王覇立国編 (山原義人) 45話

罪の意識を増幅させて、自滅させたり他人に攻撃的になったりするのか。

志狼の教えよりダンウーの力の方が勝ってしまうのか?

ここで大幻が生き残るは困るなぁ。志狼が介入してくれると良いのだが・・・

 

龍帥の翼 史記・留候世家異伝 川原正敏) 六十三話

滎陽の楚軍は劣勢だったが、項羽が来るまで持ち堪えることが出来たが、劣勢故に楚の兵士は少しでも綻びが生じると、慌ててしまうのだろう。

韓王が囚われたのは策ではないでしょうけど、それを上手く利用して動揺を誘ったのは見事だった。

滎陽を落としたものの、想定以上に項羽が早く戻ってきたので、漢軍は廣武へ移動。ここで項羽と構えるようだ。

張良がどんな策を考えているのか楽しみです。

 

空のグリフターズ ~1兆円の詐欺師達~ 加藤元浩) 10話

ヒギンズの特許状を買い取ったジョージと接触

買い戻すことが出来れば良いが、ジョージはイギリス文化遺産のコレクターであり、簡単に手放すわけが無かった。

そこで貴重な絵を餌に接触し、金庫を開けさせた。

金庫は面倒な手順を踏まないと開けられないが、それ故に頻繁に開けるのは面倒で、ジョージは開けっぱなしにして絵の交渉に挑もうとしていた。

その金庫に海路が忍び込んで盗むつもり?

しかしここでガブリエルが乱入。金庫が開けっぱなしなのを咎めていた。

また予定外の出来事だ。風月は海路をどう動かすのでしょうか。

 

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅 (原作/鏡貴也 漫画/浅見よう キャラクター原案/山本ヤマト) 48話

仲間の命を犠牲にしてまで突き進む事にグレンは堪えられなくなった。

しかしリタイアするのでは無く、別の道を探るというのだ。

そんなものがあるのか? 仲間は死んでいないが、立ちはだかった多くの者を殺してきた。今更、そんな事を言われて深夜は納得できるのだろうか。

 

異修羅 -新魔王戦争- (原作/珪素 漫画/メグリ キャラクター原案/クレタ) 8話

勝手に死んでいるようにしか見えなかったが、実は天使が手を貸していたのだ。

クゼが強いと言うより、その天使・ナスティークが強いのだろう。

しかし教会の少女・ニヒロは流れ矢を受けて死亡。

ナスティークが守るのはクゼだけ。クゼはもどかしい思いがあるかもしれないな。

 

恋は世界征服のあとで (原作/野田宏 漫画/若松卓宏) 26戦

デス美の家族に受け入れられた大吾。

これはもう結婚するしかないな!

レッドとバレたら、一悶着ありそうだが、デス美の母親は気付いているので、何とかしてくれるだろう。

 

くろアゲハ 加瀬あつし) 92話

とんでもない富豪が現れたよ。

架空ハイパーポリス戦隊は、その富豪がスポンサーのようだ。

自分の領内でレースをするエイラ達が許せず、ポリス戦隊を使って捕まえたらしい。

そしてレースを続けたかったら、自分とレースをして勝てという。

富豪が使う車はランボルギーニアヴェンタドール ドバイポリス仕様 750馬力だ。

対するエイラはローソンレプリカ・・・ 勝負になるのか?