漫画好きのひとり言

気まぐれに漫画の感想とか

週刊少年ジャンプ

週刊少年ジャンプ 2022年7号

アンデッドアンラック (戸塚慶文) No.094 スプリングの死を見て、自分も あんな風に死にたいと思ったアンディ。 その為には風子を本気で好きになる必要がある。 それを本人の目の前で宣言する所がアンディらしいですよね。 これからも一緒に馬鹿をやろう。…

週刊少年ジャンプ 2022年5・6合併号

SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 53 もう殺し屋では無いから殺さない。 しかし娘の命を狙うというなら容赦しない。 本気になった太郎だが、それでも命を奪うのは躊躇した。 その隙が怖かったが、篁の参戦で有耶無耶になりそうだ。 篁、怖すぎー ウイッチウ…

週刊少年ジャンプ 2022年3・4合併号

アオのハコ (三浦糀) #34 いつもと違う雰囲気の雛。 原因が自分にあるとは大喜は思っていないだろう。 何気なく浴衣姿を可愛いと褒めたが、雛は何よりも嬉しい言葉でしょう。 花火の小休止中にトイレに向かった大喜。 その途中で迷子の相手をしている千夏…

週刊少年ジャンプ 2022年2号

逃げ上手の若君 (松井優征) 43話 勝ち戦が奇襲を受けて負け戦に。 しかし、この負けは次に繋がる。 次は倍返しだ!! Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=222 パソコンやロケットよりビニールの方が後になるとは。 まあ、ホワイマン対策が最優先…

週刊少年ジャンプ 2022年1号

「ブラッククローバー」は休載です。 SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 50 アパートから かなり有益な情報を得ましたね。 死刑囚達はただの陽動。 真の目的は殺連の拠点を潰すことだった。 太郎が助っ人に向かうようだが、同時にORDERにも連絡しておくのかな…

週刊少年ジャンプ 2021年52号

ドロンドロロン (大須賀玄) 1話 モノノケが人を襲う世界。主人公の佐々木ドラも母をモノノケに襲われて亡くしていた。そんなモノノケに対抗出来るのは侍と呼ばれる者達でドラも侍を目指したが、妖力量ゼロで不合格と言われてしまう。 そんなドラが人助けで…

週刊少年ジャンプ 2021年51号

「逃げ上手の若君」は休載。 守れ!しゅごまる (伊原大貴) 1話 財閥の一人娘・さなぎを守るのは、代々ボディーガードを務めてきた鉄虎家の五男・守護丸。 15才のさなぎを10才の守護丸が守るわけで、さなぎにしてみたら守護丸は頼りない限り。やり過ぎでさ…

週刊少年ジャンプ 2021年50号

アヤシモン (賀来ゆうじ) 1話 人間相手では対等に闘えないから、 妖怪の世界に殴り込みをかける主人公の海堂マルオ。 そこでテッペン獲ってやる!的な感じかな。 しかし・・・・マルオは本当に人間? 実はロクデナシの父親とは血が繋がっていないとか、 拾…

週刊少年ジャンプ 2021年49号

Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=217 いよいよホワイマンに特攻を仕掛ける。 しかし本当に片道切符のロケットで良いのか? ギリギリのところでクロムは良い案が浮かんだ。 サイズ的に往復できるロケットを打ち上げるのが難しいなら、 分割して…

週刊少年ジャンプ 2021年48号

SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 45 さすがに妻を1人きりにはしないか。 南雲の変装だった。 南雲が負けるわけがないのでミニマリストは終了だろう。 そして死刑囚最後の1人は太郎が相手。 ここも楽勝だろう。 アンデッドアンラック (戸塚慶文) No.085 …

週刊少年ジャンプ 2021年47号

アオのハコ (三浦糀) #26 インターハイや試験で忙しく、千夏先輩を近くに感じたのは久し振り。 大会が終わったら質問があると言ったが、 インターハイの惨敗でそんな事はすっかり無かった事にしていた。 そうしたら千夏先輩の方が訊いてきた。 バド部に書…

週刊少年ジャンプ 2021年46号

アオのハコ (三浦糀) #25 期末試験の勉強に集中している時は良かった。 しかし試験を終えて、体調を崩した大吾は、 ベッドでIH予選の敗退を思い出し、 悔しい気持ちでいっぱいになっていた。 元気なら動き回って発散できるのに・・・ そんな大吾のおでこ…

週刊少年ジャンプ 2021年45号

アオのハコ (三浦糀) #24 世の中はそんなに甘くない。 努力は自分だけがしているわけじゃない。 針生先輩も負けた。(準優勝だけど) 雛が話を聞いてくれて、少し気分が楽になったでしょう。 まだ2年ある。 千夏先輩はIH行けるんだ。良かった。 ・・・・…

週刊少年ジャンプ 2021年44号

「Dr. STONE」、「ブラッククローバー」は休載です。 破壊神マグちゃん (上木敬) 61話 せっかく作ったキャラ弁(マグちゃん)を寝坊して 自宅に忘れてしまった流々。 マグちゃんが気付き、弁当を学校まで持っていったお話でした。 道中で他の邪神に会うの…

週刊少年ジャンプ 2021年43号

Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=212 日本に到着し、次々と仲間達を復活させた千空。 再会に喜ぶのも束の間、寿司でお腹を満たし、 建設中のダムへ。 ここで作った電気でアルミニウムを作る。 そして宝島ではロケット発射場建設が着々と進んで…

週刊少年ジャンプ 2021年42号

PPPPPP (マポロ3号) 1話7つ子の父親は偉大なピアニスト。上の6人はその血を受け継いで天才ピアニストと呼ばれているが、末っ子のラッキーは凡才だった。それが原因で両親は離婚。ラッキーは母親が引き取ったが、母親は病気で入院。叔母の元で肩身が狭い思…

週刊少年ジャンプ 2021年41号

アンデッドアンラック (戸塚慶文) No.078地球一周すれば、その加速は相当なもの。チカラの死角を全て弾幕で潰すという荒業も、信じる心には敵わなかったようだ。やっぱ、こうじゃなくちゃ。Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=210天空の言い分は…

週刊少年ジャンプ 2021年40号

「ブラッククローバー」は休載です。Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=209オーストラリアに向かい、ロケット本体の素材となるアルミニウムをゲット。そして使用可能な石化装置もゲット。こうなると月に向かってホワイマンと対峙する事も現実的に…

週刊少年ジャンプ 2021年39号

逃げ上手の若君 (松井優征) 29話生を覚悟した諏訪神党も強かった。これなら撤退戦は成功すると思われたが、指揮を執る和田米丸は武力もあった。 弧次郎だけで勝てるだろうか。 Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=208記憶装置には半導体の代わり…

週刊少年ジャンプ 2021年38号

逃げ上手の若君 (松井優征) 28話時行まで冷静さを失って、何事!?と思ったが、酒を浴びた時に酔ってしまったのか。 しかし時に強気に出るのも“あり”か。執拗にヒップアタックを喰らったことで、保科が冷静になり、撤退を決意。 何とか説得に成功したが、…

週刊少年ジャンプ 2021年36・37合併号

Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=206簡単な構造のパラメトロン計算回路を作成したが、これを沢山作って繋げれば、大きな数字を扱える。そして人知を越える。 沢山と言うと幾つ必要かというと・・・20万個!こうなると大勢の人を復活させ、人海…

週刊少年ジャンプ 2021年35号

「Dr. STONE」は休載です。 アオのハコ (三浦糀) #15雛は大喜の株を上げようと、千夏に自分を助けてくれた時の事を話したが、その時の表情から、千夏に雛の大喜への気持ちを気付かれてしまった。 これで千夏が雛に遠慮してしまう可能性が出てきましたね。…

週刊少年ジャンプ 2021年33・34合併号

Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=205計算は得意だが、本領を発揮するにはコンピュータが必要。石世界でコンピュータとなると、半導体が壁になり、最短でも5年~10年はかかる。 SAIが絶望するのも無理はない。しかし彼はプログラマーなので、す…

週刊少年ジャンプ 2021年32号

今号の読み切り2作はイマイチなのでパスします。 アオのハコ (三浦糀) #13デートの事を知っていたら負けていたかもしれないな。これは無欲の勝利と言えるでしょう。そして雛・・・ 自分の本当の気持ちに気付くと、切ないことになっちゃうぞ。 Dr. STONE …

週刊少年ジャンプ 2021年31号

NERU -武芸道行- (平良賀みん也) 第一般祖父と二人で電気やガスが通っていないそれこそ社会から隔離されたような場所で武芸の鍛錬のみで生きてきた主人公の練磨。 そして彼のように武芸の達者なお姉さんと出会い、誘われて武芸者が集う学校へと進む。 練磨…

週刊少年ジャンプ 2021年30号

レッドフード (川口勇貴) ナンバー1人狼や魔女、吸血鬼といった人外が存在している世界。人に害を為す存在なら退治しないといけない。そんな狩人の話です。 1話は「可も無く、不可も無く」という感じ。 Dr. STONE (原作/稲垣理一郎 作画/Boichi) Z=202ま…

週刊少年ジャンプ 2021年29号

アオのハコ (三浦糀) #10いよいよ地区予選。平常心のつもりでも、色々とやらかしていた大喜。 中学の頃から大会には出ているが、やはり高校初の試合と言うことで、緊張していたのだ。 こんな時、大好きな人が近くに居るというのは力になりますね。なんだ…

週刊少年ジャンプ 2021年28号

「ブラッククローバー」は休載です。 SAKAMOTO DAYS (鈴木祐斗) DAYS 27坂本が負けるとは思えないので、気になったのはシンの戦い。相手は透明になれるので、心を読めてもきつかったでしょう。 シンだけでは勝てなかったかもしれないが、シンには仲間がい…

週刊少年ジャンプ 2021年27号

ブラッククローバー (田畠裕基) ページ295ウンディーネはノエルに憑いていた。仲が悪かったが、ロロペチカを救うという共通の目的があったので手を組んだのだ。 そして優しいロロペチカを弄ぶヴァニカは許せない。その想いも同じ。 それならヴァニカ打倒に…

週刊少年ジャンプ 2021年26号

ブラッククローバー (田畠裕基) ページ294しぶとく復活しようとしていたが、トドメはジャックが刺すようだ。 マグナを虫ケラと言うのはちょっとなーと思ったが、マグナの勝利に水を差すなと言っているのだから、悪意はないのだろうな。 そして次はヴァニカ…